豊島将之名人が快勝 木村一基九段下し、竜王挑戦に王手/将棋・竜王戦挑決三番勝負

AbemaTIMES

2019/8/13 20:23



 将棋の竜王戦挑戦者決定三番勝負の第1局が8月13日に行われ、豊島将之名人(王位、29)が木村一基九段(46)に82手で勝利し、初の竜王挑戦に王手をかけた。

王位戦七番勝負でもタイトルを争っている両者の対局は、午前中から戦闘開始。互いの大駒を取り合う派手な展開から、早期決着を予想する声も聞かれていた。

先手の木村九段が攻め込むものの、豊島名人が見事に対応。徐々にリードを広げると、終局時には持ち時間5時間のうち、1時間51分を残しての快勝となった。

第2局は8月23日に行われるが、先手番の豊島名人が勝利すれば、初の竜王挑戦が決定。なお、現タイトル保持者は広瀬章人竜王(32)。豊島名人が奪取すれば、史上4人目の「竜王・名人」誕生となる。

(C)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ