あいちトリエンナーレ問題で炎上の大村秀章愛知県知事 ツイートの削除について釈明

ガジェット通信

2019/8/13 19:20



8月1日に開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」。企画展が大炎上し展示中止、大村秀章愛知県知事と津田大介芸術監督には批判が殺到する。大村知事は8月2日以降のツイートをすべて削除していた。

参考記事:大村秀章愛知県知事が8月2日以降のツイートを削除 和田政宗議員「なぜ津田大介芸術監督と一緒の写真を消したのだろう」

https://getnews.jp/archives/2191300[リンク]

8月13日15時半すぎ、大村知事は『Twitter』を連続して更新。


①最近、私は過去のツイッターの一部を削除しましたが、これは 愛知トリエンナーレの展示の一部中止の件と関係のないお知らせの関係者に対し、同件に関する書き込みがなされ、ご迷惑をおかけする事態になったため、やむを得ず削除したものです。


という書き出しからはじめ(1)~(8)までツイートを行い今回の削除について説明を行った。

その中で、


なお、あいちトリエンナーレの一部中止に関しては、この度、今週16日(金)に、次のとおり、「あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」を開催することとしましたので、ご報告します。


と検証委員会開催の報告を行う。そして


検証委員会では、「表現の不自由展・その後」に関する企画、準備段階からの一連の経過を整理し、広く情報公開。ヒアリング等を通じて、トリエンナーレ実行委員会、県庁等の関係団体における企画準備実行の体制に関する課題を抽出し、今後の類似のイベントの開催のやり方の改善策を提案して頂きます。


等説明し、


公金を使った芸術作品の展示のあり方、あるいは芸術活動への公金を使った支援のあり方、危機管理体制のあり方、対外コミュニケーションのあり方等について、これまでに県民や有識者等から頂いた意見を広く整理、咀嚼したうえで県に対して提言して頂きます。


と結んでいた。

それぞれのツイートに厳しい返信が多数寄せられているが、中でも「当事者であるのに他人事のよう」「無責任」「責任転嫁」といったような感じの意見が多かったようだ。「知事の辞任を」という声も少なからず寄せられていた。

また、津田大介芸術監督の責任を問う声も複数よせられていたようである。

※画像は『Twitter』より

『Twitter』の埋め込み機能を使用し表示しています。ツイートが見れない方はコチラ

https://getnews.jp/archives/2191748[リンク]

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ