北海道民が愛するご当地グルメ - 実は全国区ではないメニューとは?


●北海道で食べたいご当地グルメ
全国各地にあるご当地グルメやローカルフード。いつも食べていたあれ、そういえば引っ越してから食べていないということはないだろうか。全国区だと思っていたのに、実は地域限定だった……とカルチャーショックを受けたことがある人もいるだろう。その地域でしかあまり食べることがないグルメは各地に存在する。

そこで今回はマイナビニュース会員520名に、ご当地グルメに関するアンケートを行った。今回はアンケートの回答に寄せられた、北海道の魅力が詰まったグルメを紹介しよう。
○やきそば弁当

「どうしてあんなにおいしいのに全国販売じゃないんだろう。日頃カップラーメンの類はまったく食べないが、あれが売られている時は絶対に買う。ストック用まで買う」(女性/49歳/神奈川県/コンピューター機器/その他・専業主婦等)

「やきそば弁当」は、東洋水産が販売するマルちゃんのカップ焼そばシリーズの北海道限定商品。道内で絶大な知名度と人気を誇っているご当地カップ焼そばだ。細めながらも歯ごたえとコシのある麺に、野菜と果実で少し甘めに仕上げたソースがマッチする逸品。カップ焼そばだが、スープも一緒に作れるのが「やきそば弁当」の特徴だ。付属の特製中華スープは、麺の戻し湯で作るため、余分なお湯を用意する必要がなく、麺やキャベツなどの具材の旨味が加わって、一石二鳥でおいしいスープを堪能できる。
○豚丼

「豚肉が柔らかい。ふっくらしている」(男性/48歳/長崎県/サービス/専門サービス関連)

北海道といえば新鮮な魚介をたっぷり使った海鮮丼のイメージだが、地元民に愛されているのは「豚丼」。甘辛いタレで味付けをして焼いた豚肉を、ごはんの上の乗せた十勝地方発祥のご当地グルメだ。豚丼の専門店はなとかちの「半ばら豚丼」は、コクがあって柔らかな道産豚ロースと甘みに深みのある道産豚ばら肉を、化学調味料を一切使用せず、日本酒と蜂蜜をたっぷり使った自家製ダレを繰り返し塗って焼きあげているそう。美唄市の契約農場で栽培している減農薬の道産米「ふっくりんこ」の上に盛り付け、網走産の山わさびと中札内の枝豆をあしらった、北海道産にこだわった極上の豚丼が味わえる。
○ジンギスカン

「ビールと合う!」(女性/56歳/鹿児島県/その他/その他・専業主婦等)

ラム肉と呼ばれる羊肉を使った焼き肉。独特なドーム型をしたジンギスカン鍋を使って楽しむのが本場の北海道流だ。タレに漬けたラム肉を焼いて食べる方法や焼いたラム肉をタレにつけて食べる方法など、地域によって食べ方は様々。濃いタレはごはんや野菜と相性が良く、食欲が止まらなくなってしまう。アンケートでは「とにかく肉と味付けがおいしい」「独特な香りが良い」とジンギスカンへの熱いコメントが寄せられた。北海道でぜひ味わいたい絶品グルメだ。
○味噌ラーメン

「味のバランスが良い」(男性/36歳/埼玉県/サービス/専門職関連)

札幌ラーメンといえば有名なのは味噌ラーメンだろう。こだわりのラーメン店も多く、北海道の定番グルメといえる。北海道内外に多く店を構え、昭和32年に札幌ススキノに創業した寳龍(ほうりゅう)もミシュランガイド北海道に掲載されたことがある名店のひとつ。北海道知事賞受賞蔵味噌を使用した味噌ラーメンが名物だ。濃厚なコクがありながら、食べ飽きないバランスの取れたい味わいを楽しむことができる。
○ザンギ

「唐揚げよりしっかりした味付けでビールによく合う」(女性/38歳/東京都/サービス/事務・企画・経営関連)

鶏肉などに小麦粉をまぶして油で揚げたものを北海道では「ザンギ」と呼ぶ。一般的な唐揚げと同じ製法だが、下味をしっかり濃くつけているものをザンギと区別するようだ。釧路付近では、海産物を揚げたものも「ザンギ」と呼び、鮭を揚げた鮭ザンギ、タコを揚げたタコザンギなど、地域によって特色あるザンギが食べられている。お店により味付けが異なるため、違いを味わうことができる。北海道に訪れた際は様々なザンギを食べ比べてみるのもいいだろう。

●北海道限定のスイーツとは?
○マルセイバターサンド

「北海道はたくさんおいしいご当地菓子がありますが、有名過ぎるマルセイバターサンドが一番おいしい」(男性/47歳/福岡県/その他/その他・専業主婦等)

北海道土産として人気を誇る六花亭の「マルセイバターサンド」。専用の小麦粉でつくったビスケットで、ホワイトチョコレートとレーズン、北海道産生乳100%のバターをあわせたクリームをサンドしたロングセラー商品だ。名前の由来は、十勝開拓の祖・依田勉三が率いる晩成社が十勝で最初に作ったバター「マルセイバタ」に因み、パッケージもそのラベルを模しているそう。濃厚な味わいで、レーズンとバターの絶妙な組み合わせを楽しめる逸品だ。
○じゃがポックル

「じゃがいもの味がダイレクトに伝わりサクサクおいしい」(男性/36歳/和歌山県/医療用機器・医療関連/専門サービス関連)

カルビーが販売している「じゃがポックル」。一時期売り切れが続き、生産が追いつかないほどだったという人気商品だ。北海道産のじゃがいもの中でも製法に適した大きさのものを厳選して使用し、旨み成分を残すために皮付きのまま、まるごとカット。さらに、独自の製法によってサクサクッとくる食感と北海道じゃがいも本来の味わいを生み出しているという。サロマ湖の汽水域から作られた塩で、マイルドな塩味なのが特徴。主に駅や空港などのお土産販売店で購入できる。
○ドゥーブルフロマージュ

「とても美味しかったので、オフィシャル通販サイトで再購入した。北海道生クリームが良い」(男性/50歳/千葉県/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)

スイーツが有名な小樽の洋菓子舗ルタオ。なかでも「ドゥーブルフロマージュ」は創業当時から愛され続けている人気のチーズケーキだ。北海道の新鮮な生乳から作られた生クリームを使用し、選び抜かれたマスカルポーネチーズと合わせ、こだわりの食材を使用しているという。チーズの豊かな味わいのベイクドチーズケーキとミルク感あふれるレアチーズケーキが二層に重なり、とろけるような口どけを感じられる逸品だ。

様々なグルメを紹介したが、知っているものはあっただろうか。広大な北海道には、独自のグルメが多く存在する。北海道を訪れる際には、本場の味わいを楽しんでみてはいかがだろうか。

調査時期: 2019年7月10日~11日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 520名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ