【USJハロウィーン2019】絶叫ホラーアトラクションまとめ

モデルプレス

2019/8/13 17:48

【女子旅プレス=2019/08/13】ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、毎年人気のハロウィーンイベント『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』を、2019年9月6日(金)~11月4日(月・祝)の期間限定で開催。毎年一部ゲストから熱い支持を得ているのが、クオリティの高い絶叫ホラーコンテンツ。おどろおどろしいゾンビたちがパークに蠢き、背筋も凍る最恐演出のホラーシアターやアトラクションが、ゲストを恐怖のどん底へと陥れる。

◆『ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン』2019年の見どころは?



今年のハロウィーンイベントは「絶叫ハロウィーン」、「大人ハロウィーン」、「“こわかわ”ハロウィーン」の3要素が軸となり、パーク全域を舞台に、過去開催時と比べ史上最大のアトラクション数にスケールアップ。

特にホラー好きにはたまらない“最恐”アトラクションが揃いそろう「絶叫ハロウィーン」では、“能動的になればもっと楽しい”をコンセプトに、新メイズや伝説のホラー・メイズなど、最恐アトラクションが続々登場する。

◆新ゾンビ&モンスターが巣食う地獄のストリート「ストリート・ゾンビ」



時刻が18時を回ると、パークワイドが不気味な雰囲気がただよう異世界へと様変わり。

ファットにパイレーツ、無残な姿で見たこともない最恐インパクトの初参戦のモンスターがストリートに出現し、歩を進めるほど次々と恐怖に遭遇。ありとあらゆる恐怖が待ち受ける、恐怖の魔窟へと変貌する。

◆熱狂ダンスが演出内容共にスケールアップ「ゾンビ・デ・ダンス」



おぞましいゾンビ&モンスターの群れに襲われ、絶叫と熱狂に包まれる夜のストリートでは、ゾンビにまみれて一緒に踊る「ゾンビ・デ・ダンス」を、過去最大のスケールと常識を覆す最恐演出で展開。

夜のパーク中をゾンビが支配し、キレの良い踊りや空を舞うパフォーマンスで沸かせ、そして今年はさらに、ド迫力のモンスターも初登場。未曾有のゾンビのオンパレードにより“地獄のゾンビ祭り”が繰り広げられる。

◆超・極限の恐怖レベルで復活「バイオハザード・ザ・エクストリーム」



2013年より2年間に渡り、絶大な人気を誇った「バイオハザード」が“超・極限レベル”の恐怖を伴い「バイオハザード・ザ・エクストリーム」 として装い新たに復活。

歴代の人気作『バイオハザード 2』を、最新技術と新たなアイデアで新生させた作品『バイオハザード RE:2』をテーマに、感染者が氾濫するラクーン警察署に突入し、襲いくるゾンビやクリーチャーの迫りくる脅威が待ち受ける“レオン”と“クレア”2つのルートから、生還を目指すサバイバルホラー・メイズだ。

◆エイリアンが襲い来る衝撃の“スペース・ホラー・メイズ”「エリア 51~未確認物体との遭遇~」



新登場の「エリア 51~未確認物体との遭遇~」は、秘匿された区域“エリア 51”に隠された恐ろしい陰謀を目撃するホラー・メイズ。

おぞましい未確認物体からの予期せぬ襲撃、異次元で起こる未知の恐怖に戦慄する、まったく新しい、衝撃のスペース・ホラー・メイズだ。

◆恐怖の“暗闇”コースター「スペース・ファンタジー・ザ・ライド ~ブラックホール~」


真っ暗闇の宇宙を舞台にした予測不能の極限スリルを味わえる、期間限定、恐怖の“暗闇”コースター。

ゲストはビークルに乗りこみ、一寸先も見えない予測不能な暗闇の恐怖の中、急旋回やスピンとともにブラックホールに吸い込まれ、異次元の恐怖を体感することとなる。

◆シアターが和製ホラーの呪いにかかる「貞子 ~呪われたアトラクション~」


しのび寄る呪いの恐怖を描く、唯一のジャパニーズ・ホラー・アトラクション。

いつもの楽しいアトラクションが、この日は一転。貞子の呪いで次々と起こる不具合や奇妙な現象により、貞子の呪いを体験することになる。

◆あの惨殺劇が再び開幕「カルト・オブ・チャッキー ~チャッキーの狂気病棟~」



映画チャイルドプレイシリーズの残虐な主人公・チャッキーが、病院を舞台に蘇るホラー・メイズ。

残酷かつ凶暴になったチャッキーが、患者たちを襲い、切り刻み、解体する…どこまでも追われる緊迫感、リアルで不気味な世界で繰り広げられる惨殺劇が再び幕を開ける。

◆「大人ハロウィーン」のメイン・アトラクション「ホテル・アルバート 2 ~レクイエム~」



息を飲む心理的恐怖に怯えながらも、その世界観と美しさに心奪われる『大人ハロウィーン』のエリアが今年から拡張され、大人ハロウィーンの世界を食の世界にまで展開。

「大人ハロウィーン」のメイン・アトラクションとして昨年初登場した劇場型ホラー・アトラクション「ホテル・アルバート」は、さらなる進化を遂げ「ホテル・アルバート 2 ~レクイエム~」となって登場。
朽ち果てた豪華ホテルを舞台に、自らドアを開け、登場人物と話し、事件を目撃する。ゲスト自身が物語の一員となって進んで行くと、一緒にいたはずの仲間がそれぞれの異なる体験へ…。

物語の世界に体ごと入り込む、究極の没入体験が、さらなる驚き、新たな展開で蘇る。

◆ヴァンパイアの美しくも恐ろしい世界へ「ブラッド・レジェンド」



人の生き血を求めさまよう、伝説のヴァンパイアの住処で繰り広げられる恐怖のストーリーをリアルに体感。そして世にも恐ろしい事実を目の当たりにし、その美しくも壮絶な恐怖の世界を体験する4-Dシアターアトラクション。

◆美食と悪夢に浸る「パークサイド・グリル ~呪われた薔薇の宴~」



通常、ステーキハウスとして営業するパークサイド・グリルが、惨劇の館で美食を味わう、大人のための美しきホラー・レストランへと変貌。

かつて起きた残酷な事件の余韻が残る一軒の館で、今は亡き女主人・ローザが取り仕切る恐怖のパーティが開かれ、館の料理人がふるまう美食を堪能しながら美しき悪夢に浸る。

◆恐怖&妖艶な空間に酔いしれる「大人ハロウィーン・エリア~呪われた薔薇園~」



深紅のバラがつたう、妖しくも美しい恐怖の迷宮。かつて痛ましい事件があった庭園をさまようのは、不気味な男に死神や朽ち果てたメイド。大人の極上エンターテイメントがアトラクションを抜け出して、ミステリアスでフォトジェニックなエリアとなる。

◆USJ公式ホテルにホラールーム登場、夜通し恐怖が止まらない…



また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン・オフィシャルホテルの1つ「ホテル ユニバーサル ポート」に、15歳以上のみ泊まれる1日1室限定のホラールーム「PLAY ~少女の招く部屋~」が、2019年9月4日(水)~12月18日(水)の期間限定で登場。

滞在するホテルの客室で恐怖やスリルを味わえる「ホラールーム」シリーズは、2015年からスタートし、今回で第5弾。今年のホラールームは“怪奇現象が起こる少女の部屋”がテーマ。

とある姉妹の妹が行方不明となったことをきっかけに、少女の部屋では怪奇現象が起こるようになる…というストーリー設定で、ゲストは怪奇現象の原因を究明し解決するための3つのミッションに、スマートフォンやタブレットを駆使して挑む。
客室には、ポルターガイスト現象を演出する音や光など、一瞬にして“恐怖の世界”へ誘うさまざまなホラー演出が仕掛けられ、全てのミッションをクリアすると、怪奇現象の原因は解明される。

またチェックアウト後にのみ知ることができる、驚愕の真実も存在するため、滞在の最後まで、恐怖の世界に浸ることができる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン


期間:2019年9月6日(金)~11月4日(月・祝)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ