ジャニーズWEST濱田、バレー代表応援も会場はスピーチを心配!?


アイドルグループのジャニーズWESTが13日、都内で行われた『FIVBワールドカップバレーボール2019』(9月14日開幕、フジテレビ系で中継)の1カ月前イベントに登場。スペシャルサポーターとして、日本代表選手たちにエールを送った。

ジャニーズWESTは、大会テーマソング「Big Shot!!」を本番の会場で披露。重岡大毅は「本当に楽曲のパワーがあるなと思ってます。パフォーマンスを通じて会場が一つになっていくその雰囲気が一番の見どころかなと思っていますので、僕らの熱気とかが伝えればいいなと思って、全力でパフォーマンスしたいなと思ってます」と意気込んだ。

しかし、ここで司会の宮司愛海アナウンサーに「皆さま、ご着席ください」と促されると、重岡は思わずマイクを持ったまま「よいしょっ」と口に。桐山照史に「ちょっとやめてくれる!?」ツッコまれて、「すいませんでした(笑)」と笑顔で謝罪した。

また、メンバー1人1人が、大会の公式ボールに書いた応援メッセージを発表。桐山は「『Big Shot!!』を聴けば勇気が出るぞ、『Big Shot!!』を聴いたら元気になるぞ、『Big Shot!!』を聴いてもらって…」と熱くなったところで、今度は重岡から「何回言うねん!」とツッコまれてしまった。

このイベントで観客・選手たちの注目を一番集めたのは、濱田崇裕。冒頭のあいさつで、「最初、バレーボールは詳しくなかったんですけど、親善試合を見てバレーに興味を持ちましたし、感動しました。どのスポーツもそうだと思うんですけど、チームワークが一番重要になるのはバレーかなというのを感じました」と独特の雰囲気で語ると、会場からクスクスと笑い声が漏れ、小瀧望は「普通にしゃべって笑い取れるって、どういうスペックなん?」と訴えた。

さらに、ボールに書いたメッセージについて、濱田が「僕はすごく口ベタなんですけど、何も言えないんですけど、すっげぇすっげぇ楽しみです! 早く試合を見たいという気持ちで楽しみでしょうがないんですけど、ぜひとも皆さんのチームワークの良さとスーパープレーを、日本中全国の皆さんに早くはやく見せつけてやってほしいなと、思いました。何よりも僕たちにできる応援を全力でやりますので、一緒にがんばりましょう!」と呼びかけたが、解説の川合俊一に「会場の女性がお母さんみたいに心配してる(笑)」と指摘され、メンバーから「いいやつなんです」とフォローされていた。

なお、ジャニーズWESTのメンバーが応援メッセージを書いた大会公式ボールは、東京・台場のフジテレビ本社屋周辺で開催中の夏イベント「ようこそ!!ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2019」会場内で、あす14日から展示される。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ