香取慎吾と竹内結子の新境地 - 平成20年(2008)ドラマTOP3


●香里奈が“モデル女優”から演技派に
2019年5月1日に新元号「令和」がはじまり、4月30日に幕を下ろした「平成」。この連載では「視聴率や俳優の人気は無視」のドラマ解説者・木村隆志が、平成元年から31年までのドラマを1年ごとに厳選し、オススメ作品をピックアップしていく。第20回は「平成20年(2008年)」。

平成20年(2008)は、8月に北京五輪が開催され、ソフトボール日本女子代表、石井慧、吉田沙保里らが金メダルを獲得するなどメダルラッシュに沸いた。ただ、五輪で飛び出した北島の「何も言えねえ」以上に盛り上がり、流行語大賞に輝いたのはエド・はるみの「グ~!」。現在以上に一発ギャグ全盛期だった様子がうかがえる。

バラエティでは『VS』(フジテレビ系)、『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)、『しゃべくり007』(日テレ系)、『男子ごはん』(テレビ東京系)、情報番組でも『情報7daysニュースキャスター』(TBS系)などの現在も続く番組がスタートした。

ドラマのTOP3には、「地味だが泣ける」、静かな感動を呼ぶ作品を選んだ。

※以下はドラマの結末などネタバレを含んだ内容です。これから視聴予定の方はご注意ください。
○■「知的障害者の子育て」難テーマに挑戦

3位『だいすき!!』(TBS系、香里奈主演)

テーマは、軽度の知的障害を抱える女性の子育て。今振り返ると、かなり思い切ったテーマにトライしていたことがわかる。ヒロイン・福原柚子(香里奈)が、恋人に死なれ、周囲から反対されながらも出産し、愛娘・ひまわり(松本春姫、佐々木麻緒)を育てる様子をハートフルに描いた。

視聴者を魅了したのは、柚子の無垢さと、彼女を取り巻く人々の優しさ。世間の人々から冷たい視線を浴びるほど、母・福原美代子(岸本加世子)との母娘愛、弟・福原蓮(平岡祐太)との姉弟愛が際立ち、障害者施設スタッフの安西真紀(紺野まひる)、健常者のママ友・野村陽子(MEGUMI)、ひまわりが通う保育園の園長・下柳(音無美紀子)と担任・笹岡(田中幸太郎)、亡き恋人の妹・沢田琴音(福田沙紀)とのやり取りも視聴者を癒した。

知的障害者本人の困難だけでなく、家族や近しい人々の苦労を正面から扱いながらも、どこか明るいムードがただよっていたのは、香里奈の熱演によるところが大きい。香里奈は“モデル女優”のイメージから脱皮するべく、髪をバッサリ切ってショートカットで初主演に挑み、今作で一気に演技派の評価をつかんだ。

最近では、めっきり扱われなくなった繊細かつヘビーなテーマであり、平成が終わる現在のほうが希少性は高く、魅力を感じてしまう。主題歌は、melody.「遥花~はるか~」。
○■謎と不穏を散りばめたラブミステリー

2位『薔薇のない花屋』(フジ系、香取慎吾主演)

花屋をたった一人で営み、血のつながらない娘を男手一つで育てる汐見英治(香取慎吾)、パペットマペットのような頭巾をかぶって暮らす娘・汐見雫(八木優希)、盲目のフリをして英治に近づく看護師・白戸美桜(竹内結子)、英治を憎悪する安西(三浦友和)。

そして、英治の花屋は看板商品であるはずのバラを置かない……。「なぜ?」という謎と不穏、暗い過去と痛みを散りばめたラブミステリーは、いかにも野島伸司の脚本であり、引き込まれる視聴者が続出した。

90年代の野島作品と異なるのは、全編を通して温かいムードが流れていたこと。過去を一人で背負う英治の人柄はどこまでも穏やかで、周囲の人々への愛情で満ちていた。ともに暮らす、娘の雫と、花の手ほどきをしもらった菱田桂子(池内淳子)とのやり取りは心温まるものがあり、視聴者は彼ら家族を応援せざるを得ない心境に。悪役たちも、「自分の愛を貫くために悪事を働いていた」という点も、また愛の伝道師たる野島らしい。

香取と竹内はこれまでの明るいイメージを封印し、影のある人物を落ち着いたトーンで好演。つらさや悪意を胸に秘めたキャラクターを違和感なく演じたことで、ともに新境地を開いた。

家族の愛、男女の恋愛、ミステリーがバランスよくミックスされ、中江功ら演出陣が手がけた映像の美しさも含め、同年の中でもトップクラスの高品質な作品だった。主題歌は、山下達郎「ずっと一緒さ」。

●1位は「超長編の映画」のような連続性
○■重いテーマを緩和する優しさと美しさ

1位『風のガーデン』(フジ系、中井貴一主演)

1話冒頭、放送4日前に亡くなった緒形拳さんへの追悼メッセージが映し出された。その後の映像には緒形さんの元気な姿が映っている。もともと末期がん患者と家族の再生を描いた感動的な物語である上に、涙を誘う要素が加わり、忘れられない作品になった人は少なくないだろう。

緒形さんが主人公の父親という重要な役を最後まで演じられたのは、撮影を前倒しで行っていたから。ドラマのキーファクターであるガーデンは2年前から富良野で準備され、開花に合わせたスケジュールで撮影を進めていたのだ。その結果、緒形さんは最後まで演じることができ、カラフルに咲き誇る花々が、涙を誘う切ない物語を引き立てた。

物語のテーマは緩和医療であり、末期がん、知的障害、不倫なども含め、重いテーマを真っ向から扱えたのは倉本聰の脚本だからこそ。まるで緩和医療のように、優しさや美しさを散りばめて重さをやわらげることで、不思議なほど悲壮感のない作品となっていた。

見逃せないのは、全話の演出を宮本理江子が手がけたこと。連ドラは通常チーフ中心に3人程度の演出家で撮影されるが、全11話を宮本が撮ったことで映像の統一感や連続性があり、超長編の映画を見ているようでもあった。

大幅な減量をして末期がんに侵された男性を演じた中井貴一の熱演はもちろん、自ら病と闘いながら息子を看取る父を演じた緒方さん、さらに大滝秀治さん、織本順吉さんの亡き名優たちが物語を盛り上げた。

「風のガーデン」は現在も富良野に存在し、観光客が訪れるという。主題歌は、平原綾香「ノクターン」「カンパニュラの恋」。
○■『CHANGE』『コード・ブルー』『ラスト・フレンズ』『ROOKIES』

その他の主な作品は下記。

「月9で政治ドラマ」という珍しさと「キムタクが国会王子に」というキャッチーさで話題を集めた『CHANGE』(フジ系、木村拓哉主演、主題歌はマドンナ「マイルズ・アウェイ
)。35歳の史上最年少総理大臣・朝倉啓太が見せた全国生中継のメッセージは、22分間ワンカメラワンカット。圧巻のシーンで伝説の最終回となった。

長澤、上野樹里、瑛太、水川あさみ、錦戸亮の豪華キャストをそろえた『ラスト・フレンズ』(フジ系、長澤まさみ主演、主題歌は宇多田ヒカル「Prisoner Of Love」)。シェアハウスを舞台にしたさわやかな若者群像劇と思いきや、DVや性同一性障害を真っ向から扱ったディープサイドの物語だった。最終回は自己最高の視聴率22.8%を記録した反面、謎展開が語り草に。

若きフライトドクターたちの奮闘を描いた『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジ系、山下智久主演、主題歌はMr.Children「HANABI」)。放送後、山下、新垣結衣戸田恵梨香、比嘉愛未がすべて主演級の大物となり、第2・3シリーズは月9枠に移動。映画化も2018年の興行収入トップと大成功を収めた。

新人教師・川藤幸一と不良高校生たちの熱き野球ドラマ『ROOKIES』(TBS系、佐藤隆太主演、主題歌はGReeeeN「キセキ」)。土曜20時の放送にも関わらず暴力や非行のシーン満載だったが、市原隼人、城田優、佐藤健、桐谷健太らイキのいいイケメンをそろえて人気を集め、翌年公開の映画版も興行収入1位の大ヒットに。

東野圭吾の小説に宮藤官九郎らしい笑いを採り入れた『流星の絆』(TBS系、二宮和也主演、主題歌は嵐「Beautiful days」)。犯人が明らかになる最終回の視聴率は、前々話から倍増となる22.6%を記録するなど大きな注目を集めた。ただ、物語を分断する形で挿入される名作パロディのドラマ・イン・ドラマは賛否両論。

極端に正義感の強い女性が周囲の人々を変えていく『斉藤さん』(日テレ系、観月ありさ主演、主題歌は観月ありさ「ENGAGED」)。空気を読まない、孤立を恐れない、子どもにこびない、不正を見逃さない……斉藤さんが観月のハマリ役に。子どもたちの純粋さと大人たちの愚かさが対比となって思わぬ痛快作として支持され、5年後に第2シリーズが放送された。

『今日から俺は!!』(日テレ系)などで今をときめく福田雄一が初めて本格的に連ドラの演出を務めた『33分探偵』(フジ系、堂本剛主演、主題歌はKinKi Kids「Secret Code」)。犯人が明らかな中、放送時間の33分間をもたせるために迷推理を繰り広げるというゆるい世界観がウケて、半年後に続編が制作された。

さらに、『篤姫』『瞳』『だんだん』(以上NHK)、『ハチミツとクローバー』『絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~』『太陽と海の教室』『モンスターペアレント』『イノセント・ラヴ』(以上フジ系)、『佐々木夫妻の仁義なき戦い』『Around40~注文の多いオンナたち~』『あんどーなつ』『魔王』『ラブレター』(以上TBS系)、『貧乏男子 ボンビーメン』『ホカベン』『おせん』『正義の味方』『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』『学校じゃ教えられない!』(以上日テレ系)、『交渉人~THE NEGOTIATOR~』『パズル』『ゴンゾウ 伝説の刑事』『ロト6で3億2千万円当てた男』『四つの嘘』『未来講師めぐる』(以上テレ朝系)、『週刊真木よう子』『メン☆ドル~イケメンアイドル』(テレ東系)などが放送された。

■著者プロフィール
木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ