『吉本新喜劇ワールドツアー~60周年 それがどうした!~』アジア5カ国公演が決定 座長のコメントも公開

SPICE

2019/8/13 11:21


2019年3月1日に60周年を迎えた吉本新喜劇が、アジア5カ国で海外公演を行うことが決定した。11月3日(日)のシンガポール公演を皮切りに、中国、マレーシア、インドネシアで上演し、12月15日(日)のタイ公演で締めくくる。

吉本新喜劇は、3月28日(木)の東京公演を皮切りに『吉本新喜劇ワールドツアー~60周年 それがどうした!~』をスタートさせており、現在74公演(全93公演)を終え、完売する公演が多数出るなど好評だ。そんな中実施される海外公演だが、中国公演は上海国際コメディフェスティバルのオープニング作品として上演されることも決定している。

団員コメント

小籔千豊
小籔千豊
小籔千豊

日本語でやりますので、シンガポール在住の日本人の方々、是非お越しください!

川畑泰史
川畑泰史
川畑泰史

新喜劇を世界の人たちに知って頂く第一歩です!パスポート無くさんように頑張ります!

すっちー
すっちー
すっちー

初めての海外公演!言葉や文化は違いますが、一人でも多くの方を笑顔にできるように、初心とパスポートを忘れずに頑張ります!

酒井藍
酒井藍
酒井藍

アジアの皆様に吉本新喜劇を楽しんで頂けるように、しっかり頑張ります!皆様、お待ちしております!

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ