三輪舎SAF企画『花道を東へ向かい』女子プロレスを題材にスピード感ある舞台を上演

SPICE

2019/8/13 10:15


三輪舎SAF企画の舞台『花道を東へ向かい』が2019年8月23日(金)から25日(日)にかけてシアターグリーンBASE THEATERで上演される。

三輪舎は日本大学芸術学部に編入学をした明利翔、徳永伸光、村山和弥が主宰する劇団。同一作品を2会場で上演する企画で、大学の授業内コンペティションを勝ち抜き旗揚げをした。本作品でシアターグリーン学生芸術祭に参加しており、脚本は村山、演出を明利が担当している。
<あらすじ>
愛のために戦い、愛のために負ける。勝ってはいけない試合に臨むリング上の彼女!
自分の血を許せない彼と跳躍する父母!干からびた男にびしょ濡れの女!
みんなまとめて選手と呼ぼう!道はしっかり東に続いていますか?

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ