小野賢章、『ゴッホ展』音声ガイドを担当 ゴッホの弟・テオ役に

SPICE

2019/8/13 10:00


上野の森美術館(2019年10月11日~2020年1月13日)と兵庫県立美術館(2020年1月25日~3月29日)で開催される『ゴッホ展』で、女優の杉咲花に加え、俳優の小野賢章が音声ガイドをつとめることが決定した。

小野は、ゴッホの弟、テオドルス(テオ)として本展の案内を行う。

小野賢章コメント


この度、ゴッホ展にて音声ガイドを担当させて頂くことになり、とても光栄です。ゴッホの作品では『ひまわり』や『糸杉』が有名だと思いますが、この音声ガイドを通して、ゴッホの作品を皆さまにより深くお届け出来るよう、精一杯頑張ります。そして今回僕は、ゴッホの弟、テオとして音声ガイドを行います。今から演じるのが楽しみで仕方ありません。皆さまもぜひ、楽しみにしていただけたらと思います!
鑑賞ガイド付前売券
鑑賞ガイド付前売券

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ