ルパンも使いそう。タブレット端末と連動する金庫解錠マシーン

190807_safeopener
Image: HKS SYSTEMS Lock & Key/YouTube

最近の鍵屋さんはハイテクです。

世界を股にかける大泥棒ならピタっと耳を付けながら、もしくは聴診器を使って解錠するイメージの金庫。暗証番号を忘れると大事なものが出せなくなり、鍵屋さんを呼ぶハメになっちゃうんですよね。

スマート解錠マシーン


おそらくハリウッド映画などで機械式のダイヤル回しを使い、グルグル回してガチャンと開ける、なーんてシーンを見たこともあるんじゃないかと思いますが……現実世界の鍵屋さんは、タブレット端末と連動し、開始時間や推定終了時間、そして今がどんなポジションでどの番号を試しているか? といった情報がひと目でわかる、スマートな解錠をするのです。



おや? よく見るとASUS製のタブレットですね。

この解錠マシーンはLockmasters社の「QX3コンビ・オートダイアラー」というもので、専用アプリがインストールされたAndroid機とセットで3つ、または4つのコンボになった暗証番号を最大8時間連続で試すことが出来ます。解錠に成功したらメールで知らせてくれるので、放ったらかしでお茶でも飲んで待つのが良さそうですね。

ちなみにOFCというサイトでは、3,750ユーロ(約44万6,500円)で販売されていました。確かに安いものではなさそうですもんね。

映画が語源の解錠方法


この動画を取り挙げたbOinGbOinGいわく、この解錠方式は「ウォー・ダイヤリング」というもので、数字を一つずつ総当りで試すやり方なのだそうです。

SECOMによりますと、これは「非公開の社内ネットワーク向けのダイヤルアップ回線などを求めて、無差別にダイヤルアップを繰り返すクラッキング行為のこと」とあるので解錠マシーンとは用途が違いますが、語源は1983年の映画「ウォー・ゲーム」で、同様の手法があったために名付けられた、と説明が書かれています。


金庫破りがスマート化しているのにも驚きですが、手法の語源がゲームを扱った映画だというので2度ビックリです。もし転職して鍵屋さんになったら、「ウォー・ダイヤリング」を試してみたいものですね。

Source: YouTube via bOinGbOinG, Lockmasters, OFC
Reference: SECOM

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ