食器の値札シールをペロッと剥がす方法


ベッタリとくっついた頑固なシールやステッカーの残りがあると、素敵なお皿も台なしになってしまいます。

なぜかお店は、お皿やボウルや大皿の真ん中に値札シールを貼るような気がします。

運がよければ、きれいに剥がせ、残ったベタつく粘着剤を爪で簡単にこそぎ落とすこともできます。

しかし、シールのベタつきが残ってしまい、それを取るのに少しイラっとするのがよくあるパターンです。

熱を加えるとシールは落ちる


この問題を解決するのは簡単で、熱を加えるだけです。

熱湯にお皿を浸すというズボラな方法もあれば、上のInstagram動画でマーサ・スチュアートがやっているように、ヘアドライヤーの熱風をシールに直接当ててもいいです。

ドライヤーを使う場合は、シールにかなり近づけて(5mmくらいの距離で)、約30秒熱風を当てましょう。簡単に剥がれるかを試してみて、ダメだったらもう一度繰り返します。

ベタつく粘着剤が残っている場合は、その上から消しゴムでこすり、それから石鹸と水で洗い流しましょう。

あわせて読みたい

Image: Jasmin Schreiber/Unsplash

Source: Instagram

Claire Lower - Lifehacker US[原文

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ