知っておくべき「熱中症」の知識 応急処置は「体を冷やして水分補給」が鉄則!

熱中症で死者も出ている猛暑が続いてますが、予防のポイントと、もし子どもが熱中症になってしまったときにはどうしたら良いかの対応を予習しておきましょう。

熱中症の正しい応急処置の方法と、発症を防ぐためのポイントについて紹介します。事前に知識があればパニックにならず、正しい対処することができます。

■「熱中症」とは?

そもそも熱中症とは、主に初夏から夏にかけ環境に体が適応できないことで起こるさまざまな症状の総称をいいます。

熱中症と聞くと、気温が高い日に起こしそうなイメージがありますが実は湿度の高いときも起きやすい…! だから梅雨明けの暑いときは発生リスクが高まります。熱中症は気温が上がり始めてからではなく、湿気が増えてくる梅雨の時期から意識しておいたほうがいいようです。

■熱中症は、軽症、中等症、重症という段階がある

なんだか子どもの様子がおかしい。いつもと違う。そう感じたとき、熱中症なのかそうでないのか判断するために、症状について説明していきましょう。

熱中症は症状によって軽症、中等症、重症に分けることができ、数字が上がるにつれて症状は重くなっていきます。

1、軽症



症状:
・めまい
・立ちくらみ
・筋肉痛(こむら返り、足がつるなど)
・どんどん汗をかく
・手足のしびれ
・気分不快感

軽症の場合は上記の症状がありますが、意識障害はありません。通常脱水がなく、熱も上がらない状態です。軽症の熱中症には正しい応急処置が必要になります。その方法は次の見出しでご紹介します。


2、中等症



症状
・頭痛
・吐き気
・嘔吐
・だるさ
・疲れ

中等症は発汗の症状がありますが、意識障害はありません。体温は正常~40度未満です。中等症の症状がある場合は点滴治療が必要になるため、すぐに自家用車で病院を受診しましょう。ぐったり感が強い場合は救急車を呼びます。


3、重症



症状:
・呼びかけへの反応がおかしい
・けいれん
・真っすぐ走れない
・異常な高体温
・肝臓や腎臓の障害など
・汗が出なくなる

重症の可能性がある場合は迷わず救急車を呼びましょう。たとえ症状が軽くても、そこから進行することがあります。くれぐれも経過に注意しましょう。

子どもは体温が上がりやすく、脱水になりやすいとされています。低年齢の子どもほど自分の身に起こっている症状をうまくいえないことがあるので、汗の状態をチェックしたり「〇〇な感じがする?」など、大人から様子を気にかけるケアが必要になります。


■軽度の熱中症、正しい応急処置の方法は?

先ほどご紹介した軽症の熱中症の可能性があるときは、応急処置をしましょう。正しい応急処置のポイントは次の3つです。

1、涼しい場所に移動し、あおむけに寝かせる
2、身体を冷やす
3、水分を補給する



涼しいところで着ている服をゆるませ、上を向いて寝かせ、濡れタオルや保冷剤(タオルで包んだもの)などを「首」「脇の下」「太ももの付け根」など、太い血管のあるところにあてて冷やします。

そのうえで水分補給を促しましょう。脱水の治療としてはORSとも呼ばれる「経口補水液」がおすすめです。乳児の場合は30~50ml/kg、幼児の場合は300~600ml/日を目安に補給しましょう。乳幼児で授乳中の場合は母乳やミルクでもOKです。

小児や大人の場合はORSもおすすめですが、なければ市販のスポーツドリンクや2倍に薄めたリンゴジュースなどでもいいでしょう。学童から大人までは500~1000ml/日が目安になります。

ただ経口補水液は熱中症の症状が出た場合の水分補給に適しているもので、予防目的で連日飲む必要はありません。市販のスポーツドリンクも糖分が多いので飲み過ぎは禁物! 麦茶などと組み合わせて水分補給するようにしましょう!

■熱中症を予防するには?



熱中症を予防するためには、大人がこまめに声をかけることです。

小さな子どもは遊びに夢中になると、水分補給をつい忘れてしまいます。自分で不調の症状を訴えることも難しいので、親が熱中症のサインを見逃さないようにすることが大切です。「ちょっと休憩しよう」「飲み物を飲んでね」など、こまめに声がけしていきましょう!

また子どもの熱中症は体調コントロールが何よりの予防になります。そこで、この機会に普段の生活を見直してみるのもいいですね。

まずは毎日しっかり眠るようにします。熱中症にならないためには午後にお昼寝休憩をとるのもおすすめです。時間がとれる場合はママも一緒にお昼寝しましょう。

気温が高い日が続くと食欲が落ちるのは大人も同じですが、夏を元気に過ごすには栄養バランスの整った食事も欠かせません。無理のない範囲で食事をとり、適度に外遊びをさせることで体を暑さに慣れさせるのも熱中症予防には効果があります。

■熱中症予防におすすめの子育てグッズ

ここからは熱中症予防に役立つアイテムを3つ紹介していきます。

・抱っこ紐の中は暑い…!
丹平製薬 カンガルーの保冷・保温やわらかシート 抱っこひも用 マリンカラー (首が座る生後2~3ヶ月頃から対象)



抱っこひもに取り付ける保冷ジェル袋は、特殊な袋なので冷やしても固くなりません! 温度調節シート入りの専用カバーで覆うことで、表面を適度な温度に保ちます。夏は28度前後の状態に5時間保つ力があるので、赤ちゃんも汗ムレなく快適に過ごせますね。

・ベビーカーは地面に近いので暑くなる…!
ドリテック(dretec) 温湿度計 ブライン 防滴 熱中症/インフルエンザ警告レベル表示 時計機能 バックライト ポータブル O-291BKDI ブラック



本体裏側の警告モードボタンを押すと、熱中症やインフルエンザの警告レベルをバックライトが点滅し、知らせてくれる温湿度計。十分な長さのあるバンドタイプなのでベビーカーにも簡単に取り付けができます。

・ベビーカーのフードにも装着可能な扇風機
えりかけ扇風機 BodyFan(服の中へ送風)背汗・脇汗乾燥/ベビーカー対応 USB充電池式 ハンズフリー ハンディファン 携帯扇風機 (4インチファン, 黒)



風量は3段階で調節可能です。

熱中症は子どもだけじゃなく、大人もかかります。子どものケアも大事ですが、親も水分補給を忘れないようにしましょう!

(出典:佐久医師会 教えて!ドクタープロジェクト)
(すだ あゆみ)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ