「フェイクミート」の勢いが止まらない!「Subway」も提供を発表

TABILABO

2019/8/12 19:00


8月7日、「Subway」がフェイクミートを製造する米企業「Beyond Meat」とパートナーシップ契約を結んだと発表した。

期間限定ではあるが、9月よりアメリカとカナダの685店舗で、トッピングのひとつとして植物由来のミートボールが選べるようになる。野菜からもタンパク質を摂取できるということを示すのが目的とのこと。

2019年に入ってから日本国外では、「McDonald’s」や「Burger King」、「Carl's Jr.」「Kentucky Fried Chicken」「Taco Bell」「Domino's Pizza」「Pizza Hut」などのファストフードチェーンが、フェイクミートを使ったメニューを提供するようになった。また、「IKEA」も植物由来のミートボールを販売する予定だ。

国内での大きな動きはまだ見られないが、こうした流れを考えると、近い将来、日本でもフェイクミートが選択肢のひとつになっていくことはまず間違いないだろう。

Top image: (C) Joe Raedle/Getty Images

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ