犬山紙子「泣きそうです…」自身の悩み相談に7歳児の回答は…?

TOKYO FM+

2019/8/12 17:30

コラムニストの犬山紙子(月曜&火曜担当)と、アプリクリエイターの関口舞(水曜&木曜担当)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「ホメラニアン」が、MilK JAPON WEBで連載している作家・マンガ家の小林エリカさんによる『おこさま人生相談室』とコラボレーション! おとなの悩みを子どもたちに相談する「おこさま人生相談室 with MILK JAPON」7月29日(月)の放送は、犬山紙子の悩みに小学2年生の葉和(はわ)さんが答えてくれました。


小林エリカさんが描いた葉和さんのイラスト

<おとなの悩み>
自分のことをかわいいと思えません。どうしたら自分のチャームポイントを見つけることができますか? (犬山紙子さん 37歳 東京在住)

葉和:自分がやりたいことをやったらいいのかな。そしたら、1つとか2個とか(いいところを)見つけられると思うからです。

小林:自分がやりたいことをやったら、自分のチャームポイントを、ひとつでも、ふたつでも、見つけることができる。ちなみに葉和さんは、どんなことをやって自分のチャームポイントを見つけたのでしょうか?

葉和:お絵かき描いたり。本よんだり。友だちと遊んだり。

小林:そうしたら、チャームポイントが見つかったのですね。なぜ、おとなは自分がかわいいかどうかで悩んでいると思いますか?

葉和:仕事とかやっているから。

小林:仕事をすると、自分がかわいいかどうかで悩むようになるものなのでしょうか?

葉和:仕事とかやって、うまくいかなかったりするから、悩む人もいる。

小林:女の人はとくに、自分がかわいいかどうかで悩むことが多いように見受けられます。

葉和:なんか、ストレスとかかかっちゃうから。

小林:ストレスとかがかかってしまうと、自分をかわいくないと思ってしまいがち、ということですね。ということは、ストレスをなくせばよいのでしょうか?

葉和:はい。

小林:犬山紙子さんからは、このようなお悩みもいただいています。ストレスが溜まると、たまに大声で叫びたくなります。大声で叫んだら気持ちいい言葉を教えてください。

葉和:ストレスのことを、叫ぶ。

小林:たとえばどのようなことでしょうか?

葉和:仕事がうまくいかなかったりとか。お母さんと喧嘩しちゃったりとか。

小林:なるほど。ストレスをきちんと言葉にして、そのまま叫べばよい、ということですね。

葉和:はい。

×××

このやり取りを聞いた犬山は「泣きそうです……」と第一声。「ホントに全部、本質を突いた回答でハッとさせられて。“自分の好きなことをすればいい”って、ホント、これしかないじゃないですか。好きなことをしていると、ニコニコ楽しい気持ちになるから、肯定感が上がるでしょ。うまくいかないから悩んじゃう」と頷きます。

続けて「“おとなはストレスを抱えて、だから可愛くないって思っちゃうんだよね”って、本質ですよね。自分のことをかわいいって思えるって、結局は、自分のことを肯定出来ているかどうかにかかってるんだなって、葉和さんに教えてもらって。ってことは『ホメラニアン』は、この路線でやっていって大丈夫なんだって太鼓判をもらって、ホントに泣きそうなんですけど」と笑顔を見せます。

最後に「“ストレスをきちんと言葉にしよう”って、すごい大事なことなんですよね。たどたどしい言葉でもいいから、言ってみると誰かに“助けて”って、甘えることができる。犬山家の家訓にさせていただきます」と感動した様子のまま締めくくりました。

<番組概要>
番組名:ホメラニアン
放送日時:毎週月~木曜 20:00~21:30
パーソナリティ:犬山紙子(月、火曜)、関口舞(水、木曜)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/homer
当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ