カイリー・ジェンナー22歳に “父親”ケイトリン・ジェンナーがSNSで祝福もまさかのミス!

『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で知られるカイリー・ジェンナーが現地時間10日に22歳の誕生日を迎えた。カイリーの“父親”はInstagramに娘を祝福するメッセージを投稿したのだが、誤ってもう一人の娘ケンダル・ジェンナーの写真をアップしてしまうというまさかのミスをおかしてしまった。この珍ハプニングでネット上は一時大騒ぎになった。

今年3月に若干21歳で“全米最年少ビリオネア”になったカイリー・ジェンナーは、恋人トラヴィス・スコットや一人娘のストーミーちゃん、母親のクリス・ジェンナーらとともにイタリアでゴージャスなバカンスを満喫中だ。

10日に22歳の誕生日を迎えたカイリーには、家族や友人から続々とお祝いメッセージが寄せられた。かつては「ブルース・ジェンナー」の名で知られ、モントリオール五輪(1976年開催)の十種競技で金メダルを獲得したカイリーの“父親”も当日は自身のSNSで娘の誕生日を祝福、

「あの頃、人生は今よりずっとシンプルだった。だけど今の人生はとっても素晴らしい。」

「私のリトルベビー、カイリー・ジェンナー。ハッピーバースデー。」

と記した。しかしこの投稿とともにアップされたのはバースデー・ガールのカイリーではなく、彼女と2歳違いの姉ケンダル・ジェンナーと自身のツーショット写真だったのだ。

その後、写真はすぐ別のものに差し替えられたが、ケンダルとのツーショット写真は瞬く間に拡散され、

「ん? これはカイリーじゃなくてケンダルの写真だよね?」

「娘の写真を間違えるって、親としてどうよ?」

「これは致命的なミス」

などとインターネット上は一時大騒ぎとなった。

また「ブルース・ジェンナー」は「ケイトリン・ジェンナー」へと改名後に性転換手術を受けており、現在は女性として生活しているため、

「久々の『ブルース・ジェンナー』だ!」

「『人生は今よりずっとシンプルだった』って、本当にその通りだね!」

「このたびの失態は更年期障害のせいかな?」

といったコメントも相次いでしまった。

再投稿では「ハッピーバースデー」としか記されておらず、自身とケンダル&カイリーのスリーショット写真を使用したため、

「娘の22歳の誕生日だっていうのに、メッセージが素っ気なさすぎ」

「ははは…結局カイリーとケンダルの区別はついてないってことか」

「今度は間違えないように、カイリーとケンダルの両方が写った写真を使ってる! ケイトリン、“苦肉の安全策”かな?」

と引き続きネタにされてしまうケイトリンであった。

11月にはケンダルが24歳の誕生日を迎えるが、その際にはきちんとバースデー・ガールの写真を1回目の投稿でキメて欲しいものである。

画像1枚目は『Caitlyn Jenner 2019年8月10日付Instagram「Happy birthday @kyliejenner」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ