「いつまでダラダラ食べてんのよ!」 食の細い7歳女児を母親が殴り殺す

しらべぇ

2019/8/12 14:00

(vadimguzhva/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
あまり食欲がなく、食事にやけに時間がかかる、いわゆる「食の細い子」。我が子のそんな様子を心配する親は多いが…。

■「食の細いわが子」に激怒


中国山東省浜州市の鄒平市で4日、娘を殺害した疑いで母親が逮捕された。前日の3日夜7時ごろ、7歳の少女が重傷を負って搬送先の病院で死亡し、家庭内暴力が疑われた結果、鄒平市公安当局が少女の母親の身柄を拘束した。

取り調べに対し、娘に対する暴行を認めた母親は、「食事のことで娘にはシツケが必要だった」「ご飯をしっかりと食べない様子にいつもイライラしていた」などと話したという。それ以外の動機や日常的な暴力行為があった可能性も視野に、厳しい取り調べが続いているもようだ。


関連記事:小4女児虐待死、両親の残酷な監禁方法が明らかに 「心が引き裂かれそう」と怒号相次ぐ

■父親は恐妻家で手出しできず


事件が起きたのは3日の昼食時のことで、娘はその時もあまり食欲をみせなかった。母親は「ダラダラしないで早く食べなさい。棒で叩くよ」と何度か警告した後、夫に「もう我慢の限界。あなたはここから出ていって」と命令している。

その後に起きようとしていることを想像し、バカな真似はやめるよう妻に注意した夫。しかし妻に「うるさい。黙ってて」と殴られた。恐妻家の彼は、そこですごすごと部屋を出て行ったことを『斉鲁晚報(Qilu Evening News)』が伝えている。

■シツケと称し全身を鉄の棒で…


部屋が静かになったことから父親がそこに戻ってみると、全身を鉄棒で叩かれた娘が傷みで苦悶していた。母親はシツケと称したその暴行に鉄製の棒を使用。娘の全身に打撲の跡が見て取れたという。

その日の午後5時ごろに娘の体調が急変し、父親はすぐに病院へ連れていったが、娘は2時間ほど後に死亡。父親は今、妻が怖くて部屋から出て行ってしまったこと、妻に止められため、娘をすぐに病院に連れて行かなかったことなど、自分の弱さをひどく悔やんでいる。

■ストレスを抱え込む母親たち


育児~子育ては親にとってじつに骨の折れる仕事だ。しらべぇ編集部が全国20~60代の子供がいる男女685名を対象に調査したところ、全体の48.6%、そして女性が男性の2倍以上も「育児ストレスを感じたことがある」と回答している。


この事件も、母親の「わが子を健康な体に育てなければ」という使命感や義務感が暴走して起きていた。母親が子供に暴力的になり、精神面が不安定になってきたら「育児ノイローゼ」を疑うべき。早い段階で周囲のフォローがなかったことが悔やまれる。

・合わせて読みたい→サメが21歳女性を襲う 四肢をボロボロに食いちぎられ死亡

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日 
対象:全国20代~60代の子供がいる男女685名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ