田中寅彦九段が谷川浩司九段に20年ぶり勝利/将棋・叡王戦予選

AbemaTIMES

2019/8/12 12:46



 将棋の叡王戦段位別予選(九段戦)が8月12日に行われ、田中寅彦九段(62)が谷川浩司九段(57)に98手で勝利した。田中九段が谷川九段に勝利するのは、1999年7月以来、実に20年ぶり。

叡王戦は、全棋士、女流棋士1人、アマチュア1人によるタイトル戦で、段位別予選、本戦トーナメントを勝ち抜いた2人が、挑戦者決定三番勝負を行う。挑戦者は、永瀬拓矢叡王(26)と七番勝負を行う。予選は四段、五段、六段、七段、八段、九段と、段位別で行われ、各段位によって本戦出場枠が異なる。

永世名人の有資格者でもある谷川九段に対し、相掛かりの出だしから果敢に攻め優勢に。途中、寄せに頭を悩ます仕草も見せたが、谷川玉を寄せ切った。

(C)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ