今夜の『リーガル・ハート』 反町隆史、松井玲奈らと会社再建へ奮闘

クランクイン!

 俳優の反町隆史が主演を務めるドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京系/毎週月曜22時)第4話が今夜、12日に放送される。第4話では、銀行にも見放された製氷会社を舞台に、その会社の若い社員たちと反町が再建へ向けて動き出す。製氷会社社員役で松井玲奈と渋谷謙人が出演する。

【写真】反町隆史、ミリタリー衣装に身を包む 『リーガル・ハート』第4話フォトギャラリー

今回、村越誠一(反町)の事務所に訪れた依頼者は、製氷会社MIZUHASHIの3代目社長・水橋大介(林泰文)。大手コンビニチェーンが資本提携を変更したことで大口取引がなくなり、一時は15億円規模に達していた売上高も5億円まで激減。工場新設の借入金だけが残ってしまったという。

そこで、メインバンクの指導を仰ぎながら向こう3年間の事業計画を作成し融資を受けたが、新商品の事業化の遅れなどから売り上げが伸び悩む。事業計画とは程遠い業績の中、追加融資を依頼すると銀行は激怒。このままでは取引先への手形決済もできず、倒産しかねない状況に陥っていた。

そんな状況でも経営手腕の甘さを棚に上げ、人のせいにするばかりの水橋。村越は呆れながらも、残された社員たちを思い、再生させる道を模索する。

MIZUHASHIを訪れた村越と池田伸司(堀井新太)は、高い技術力による優れた新商品に感心していたが、そこに当座預金を拘束し自行の返済に充てるというメインバンクからの“相殺通知”の知らせが届き、空気が一変する。

村越の咄嗟(とっさ)の指示で当面の危機は回避できたが、銀行が会社を見放したのは明白だ。だが厳しい状況の中でも高い技術力をその目で見た村越は、わずかだが可能性があると判断する。さらに結婚と出産を予定している桜田智也(渋谷謙人)、井上純夏(松井玲奈)をはじめとする若手社員のやる気に希望を感じ、諦めずに民事再生での再建を試みるが…。

ドラマBiz『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第4話は、テレビ東京系にて今夜8月12日22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ