『24時間マラソン』残るランナー1人は? 加藤浩次「この流れだと…」

しらべぇ

2019/8/12 11:30




8月24日~25日に放送される『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の「チャリティマラソン」は、4名のランナーによる駅伝方式で実施される。

いとうあさこ、ガンバレルーヤ・よしこに続き、3人目のランナーはハリセンボン・近藤春菜であることが発表され、残る4人目のランナーについて、12日放送の『スッキリ』(同系)内で、加藤浩次がある人物の名前をあげた。

■1人6時間でフルマラソンを走る


今回は、単純計算で1人あたり6時間で42.195キロを走らなければならないことになり、加藤は「信号があったりして封鎖した道じゃないから…実質5時間ちょっとで走らなきゃいけないから、大変だよね」とぽつり。

元女子プロテニス選手の杉山愛さんは、「私も1回だけフルマラソンをやったことがあるんですけど、私も5時間半だったんですよ」と明かし、春菜は「愛さんで!?」と絶句してしまう。

杉山さんは、「私は長距離が得意じゃなくて、膝が痛くなってしまって、最後の10キロとかはめちゃくちゃしんどかったですね。(私のときは)こんな暑さでもなかったし、信号もなかったですし、いちいち止まったらもっとキツいと思います」と、過酷な条件を危惧した。


関連記事:『24時間テレビ』ランナーはみやぞん! 「超過酷レース」に大声援と懸念点

■4人目ランナーは「この流れだと…」


続いて、まだ発表されていない4人目のランナーについて問われると、春菜は「私は知ってます、もちろん。何回か練習でたまたまご一緒したりとか。印象としては、頼れる人だなって」とコメント。

すると、加藤は「バービーか、バービーだな。この流れは俺バービーだと思うよ」「4人揃ったらやっぱりグループ感すごい出る」と、フォーリン・ラブのバービーではないかと予想。春菜は「まぁバービーちゃん体力ありますしね」と苦笑した。

■春菜に声援、ランナー予想も過熱


視聴者からは、春菜に多くの声援が送られている他、加藤は「バービー」と予想した4人目のランナーについても、様々な芸能人の名前があげられている。









また、ダイエットが課題とされている春菜が見た目にも分かるほど痩せている様子に、感嘆の声をつぶやく視聴者も。

「頼もしい存在」という4人目のランナーは一体誰なのだろうか。発表が待たれる。

・合わせて読みたい→加藤浩次が深夜の公園でひとり… 衝撃行動に「怖い」と驚きの声

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ