名古屋と熊本を結ぶ夜行高速バス「不知火号」、9月30日で廃止

Traicy

2019/8/12 09:39

名鉄バス名鉄バスと九州産交バスは、共同運行する名古屋と熊本を結ぶ夜行高速バス「不知火号」を廃止する。最終運行日は9月30日となる。

不知火号は、独立3列シートバスで毎日1往復を運行している。仕切りカーテン、フットレスト、コンセント、毛布、スリッパ、一部便ではWi-Fiを用意しており、最後部7席は女性専用席としている。大人片道運賃は、8,000円から12,500円、通常運賃は12,860円。

同路線の運行終了後の10月1日以降は、名古屋~福岡線を利用し、福岡経由で熊本まで利用できる、乗り継ぎきっぷを代替ルートとして販売する予定。決定次第発表する。

不知火号は、1990年に路線を開設して以来、29年間にわたって運行されてきた。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ