内川幸太郎、2戦目逆転トップでトータル首位「攻め続けて勝ち上がりたい」/麻雀・RTDトーナメント2019準決勝B

AbemaTIMES

2019/8/12 07:00



 「RTDトーナメント2019」セミファイナルB(準決勝) 1・2回戦(全4回戦)が8月11日に放送され、内川幸太郎(連盟)が2回戦でトップを取り、トータル首位に躍り出た。

対局者は起家から石橋伸洋(最高位戦)、藤崎智(連盟)、鈴木達也(協会)、内川幸太郎(連盟)。

初戦はオーラスで藤崎にまくられ、2着スタートだった内川は「粘り強く最後まで決勝戦に向けて勝ち抜けたい」と対局に臨んでいた。

苦しい展開に見舞われ、ラス目に落ちていた内川にチャンスがやってきたのは南3局2本場。配牌こそバラバラだったが「1、2巡目でドラが重なって、まあまあ戦える可能性があるなと。ただ3900点で仕掛けてアガっても、まだ出所が悪いとラスのままだし、出来ればメンゼンで8000点以上作れれば」と手牌を育てた。

その間、親番・鈴木が暗カンした9索が新ドラとなり、卓上に緊張が走る中、タンヤオ・ドラ3、8000点(+600点、2000点)をアガリ切って、2着目に浮上した。

さらに南4局、リーチ・平和・赤・ドラ1で1万2000点を加点し、待望のトップ。このトップでトータル首位に立った。

後半2戦も「とにかく攻め続けて勝ち上がりたい」と一気にベスト4入りを決める覚悟だ。【福山純生(雀聖アワー)】

【セミファイナルB 2回戦の成績】

1位 内川幸太郎(連盟)3万8600点 +58.6
2位 石橋伸洋(最高位戦)2万9100点 +9.1
3位 鈴木達也(協会)2万3400点 ▲16.6
4位 藤崎智(連盟)8900点 ▲51.1

【セミファイナルB 2回戦終了時点でのトータルポイント】

1位 内川幸太郎(連盟)+74.8(2/4)
2位 藤崎智(連盟)+5.9(2/4)
3位 石橋伸洋(最高位戦)▲10.6(2/4)
4位 鈴木達也(協会)▲70.1(2/4)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

(C)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ