指原莉乃、女子を落とすテクニックに渋い顔 「誰が誰に言ってんだよ…」

fumumu

2019/8/11 18:00

指原莉乃(画像は『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』のスクリーンショット)
指原莉乃さんと、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズがMCを務める「サイテー男」たちを集めて「サイテーな恋愛事情」を聞き出す番組『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(AbemaTV)。
指原莉乃@AbemaTV
6日の放送では「暑すぎて判断能力低下SP」と題して、トークを展開。さっしーが「純度の高いサイテー」と思わずこぼしてしまった、「彼氏持ちの女性を落とすテクニック」とは…?

■出来ていない部分を責める


「近い間柄の人を落とすテクニック」のテーマでは、35歳のパリピ芸人・タッツィーネさんは「友達ケンカ戦法」を提示。その戦法は、親しい間柄だからこそわかる、“相手がプライドを持ってやっていること”をトコトン正論で責めるそう。

実際に、歌の仕事、夜はキャバクラで働いていた女性への対応を明かします。

夜の仕事に比重を置いていた相手に「歌の仕事をやるんだったら、小さい仕事をちゃんと受けてやっていかないと、大きいチャンスがきた時に恵まれなくなるよ」など、相手が“わかってるんだけど、出来ていない”という部分をどんどん責めていくとか。
指原莉乃@AbemaTV
「女子は共感されたい生き物」というタッツィーネさんは、批判されることに「でも」「だから」と返してくるそうですが、それをもどんどん攻めていくそう。結果、行き詰まった相手は泣いてしまうことが多いといいます。

関連記事:20代女子の「ブラジャーの価格」どのくらいの値段を身につけてる?

■口撃から共感へ…


タッツィーネさんは「泣く一歩手間のところで、一気に共感モードに切り替える」そうで、「君に成功してほしいから言っちゃった、ごめんなさい」からはじまり、その後は、相手女性が言うことに全て共感。

結果、「今まで怒りの涙だったのに、ありがとうの涙に変わる」とか。ここまできたら「お前を一番応援してるのは俺だから…みたいな雑魚な口説き文句で余裕で持ち帰れます」とのこと。

この方法にブラマヨ吉田さんは「でも、相当難しいな」、小杉さんが「キレられたら終わりやもんな…」とさっしーも「難しいと思いますよ」との感想。

さっしー自身、相手が誰であろうと怒られることやアドバイスも嫌いなため「誰が誰に言ってんだよって…私はそう言っちゃう」と受け入れられない様子。
指原莉乃@AbemaTV

■彼氏や夫の愚痴に…


続いて、24歳のホスト男性は「彼氏や旦那さんがいる女友達を落とす方法」を発表。ブラマヨのお二人は既婚者ですが、テーマを聞いた時点で吉田さんは「ぐわぁ~!」小杉さんは「落とすなよ~」とダメージを受けている様子。さっしーも渋い顔。
指原莉乃@AbemaTV
彼氏や夫がいる女性は「大体、愚痴りたい」といい、まずは相談役に徹するそう。愚痴に対して「最低だね」などと共感する言葉が多いなか、「あえて(彼や夫の意見に)肯定する」テクを開始。


関連記事:指原莉乃、女子のムダ毛に対する男子の言葉にドン引き 「今までで一番引いた」

■「味方のフリして抱く」


「彼や夫を否定することは、その人のセンスを否定することになる」という男性は、否定はせず男性側の味方になり、肯定しつつも相手が「やっぱアイツはクズなんだな」と気づくような言い回しをするそう。
指原莉乃@AbemaTV
「旦那の気持ちもわかるけど、ホンマにそうやったらアカンよな…みたいなこと?」との吉田さんの解釈に頷き、「味方のフリをして抱く」テクを披露しました。

小杉さんは「自分で言うのはいいけど、人に言われたらだんだん腹立ってくる人もいるやろうしな」と納得しつつも、この男性のやり方には「怖っ!」と叫びます。吉田さんは「最初から(番組に)出てるやつは、サイテーやな~」とある意味感心。さっしーは「純度の高いサイテーですね」と呆れ笑い。

どちらの男性も「相談に乗る」ことと、女性の「共感力」を利用したサイテーテクニックですね。純粋に相談に乗ってくれているのか、見極めたいところです。

・合わせて読みたい→指原莉乃、デート中の男子の言葉に怒り 「最低!人間とは思えない!」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ