『5時夢』出演の外国人歌手・ガウに有吉弘行「なんかムカつく」

しらべぇ

2019/8/11 17:40

(画像はマリア・テレサ・ガウTwitterのスクリーンショット)
10日深夜放送『有吉反省会』(日本テレビ系)に、『5時に夢中!』(TOKYO MX)で外国人リポーター・黒船特派員として活躍中の外国人歌手・GOW(マリア・テレサ・ガウ)が登場。

これまでフィリピン代表として番組やイベントに出演してきたが、それが真っ赤なウソだったと告白し、ファンに衝撃を与えている。

◼じつはイギリス人


テレビ番組だけでなく、観光紹介やビジネスセミナーなどフィリピン関連の仕事をこれまで100以上も担当してきたガウ。フィリピンの英雄・ボクシング6階級制覇のマニー・パッキャオと共演、ドゥテルテ大統領の前で熱唱するなどフィリピンを代表する活躍を見せてきた。

しかし、実際の国籍は「イギリス人」でフィリピンに住んでいたのは小学2~5年生まで。フィリピンの情報はネットを活用、大使館に話を聞くなどしてリサーチをしていると明かす。


関連記事:『5時に夢中!』で女性シンガー・ガウ大号泣 マツコ・若林史江もらい泣きも視聴者は賛否

◼有吉「なんかムカつく」


イギリス、アメリカ、フィリピン、日本と移り住み、日本は一番長い25年在住となるガウ。それでも「(フィリピン人の)母の国を愛す」ことはポジティブな活動だと主張していく。

有吉弘行が「イギリスのアピールが強くてもいいのでは?」と質問すると、エドワードI世の子孫・ハリー杉山がイギリス代表のため入り込む余地がないと反論する。

その後もフィリピン愛を一生懸命熱弁するガウだったが、有吉らからは「いいヤツだとはわかってるけどなんかムカつく」とガウ特有の話し方やキャラクターへの不満が漏れた。

◼視聴者は?


母がフィリピン人で自身も現地で生活した経験があるだけに、国籍こそ違えど、ガウのフィリピンへの想いは本物だろう。視聴者からもさまざまな感想が寄せられている。







◼『5時夢』ファミリー


同番組には、岩井志麻子、アレクサンダーら『5時夢』ファミリーがレギュラー出演中。先日は同じ黒船特派員のジョナサン・シガーも登場し「英語が話せないふりをしてきた」と告白するなど深い関係があるため、その点を指摘する声も目立っていた。







歌手として活躍する一方、『5時夢』でその強烈な個性を見せつけてきたガウ。例えイギリス人だとしても、これまで同様フィリピンへの愛を前面に押し出し、ますます活躍する姿をファンに届けてくれるに違いない。

・合わせて読みたい→有吉、「アンジャ・渡部に近寄る人はメシ目当て」 佐々木希もその一人?

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ