「和気あいあいとした職場」は嘘? ハライチ・岩井「人間関係できちゃってる」

しらべぇ

2019/8/11 16:20




芸人を代表するひねくれ者の3人、南海キャンディーズ・山里亮太、三四郎・小宮浩信、ハライチ・岩井勇気が集結した『ひねくれ3』(テレビ東京系)。

10日放送回では、「仲間と和気あいあいと働ける職場です」と仲の良さを強調する求人広告について3人が持論を展開し、大きな反響が起きている。

◼求人広告を信じたものの…


視聴者からの悩みに3人がひねくれ者の目線で答えていく「ひねくれ相談」のコーナー。

この日は、求人広告で職場のアットホームさを強調する「和気あいあいと働ける職場」というキャッチコピーを見てバイト先を決めた20代男性が、「そういう求人に限って結構怒られるし、マウントを取る先輩にキレられる」と悩みを吐露。これに岩井が「騙されちゃいけない」と口火を切っていく。


関連記事:南キャン山里「結婚後、世間の手のひら返し」に困惑 ハライチ岩井は「世の中は蔑んでた」

◼岩井・小宮の主張


岩井は「『和気あいあい』って職場はそこで完全に人間関係ができている。『人間関係できてません』って書かれていたほうがイイ」と警鐘を鳴らす。

小宮もそれに共感しつつ、「オープニングスタッフでも『和気あいあい』と書かれている時があるけど、どういうこと?」と疑問を口にする。

大仰な求人広告への不満を口にして盛り上がる一同だったが、最終的に岩井は「怒られてキレられるってことは、コイツ(投稿者)が入ったから(和気あいあいじゃなくなった)なんじゃないか?」と投稿者側にも問題があるのではと推測した。

◼視聴者も共感


岩井らの主張に視聴者は共感。多くの感想が寄せられている。









◼過半数「アットホームな職場」に不信感


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,477名を対象に調査したところ、全体の56.5%が「求人広告の『アットホームな職場です』は信用できない」と回答した。



多くの人は自身の経験から、「アットホーム」「和気あいあい」と仲の良さをアピールする求人広告を鵜呑みにしてはいないようだ。岩井らの主張は的を射ていると言えよう。

・合わせて読みたい→乃木坂46・秋元真夏、グループ内でのパワハラを告白 山里「マジでハラスメントじゃん」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1,477名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ