いとうあさこ、伝説の裸人体模型“今はNG” 「わがままになりすぎて…」

しらべぇ

2019/8/11 16:00




2014年2月2日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて、いとうあさこが上半身をあらわにして挑み、多くの反響を呼んだ「ボディペイント・人体模型」。

今月4日の放送で、彼女がそんな伝説的となった企画を彷彿とさせる「全身ボディペイント」に挑み、14年当時からの変化について明かした。

■より「わがままボディ」に


フランス・パリにて、ボディペイントで人を絵画のように見せる女性アーティストの元を訪れたいとう。

彼女が被写体となることになったのだが、「本当にわがままになりすぎちゃって。もう今じゃコントロール全くできなくなっちゃったんですけど」と、以前にも増して「わがままボディ」になってしまったことを告白。

そして、「現場どこですか」というお決まりのセリフとともに登場した彼女は、以前のような上半身をあらわにした格好ではなく、黒のショート丈のスパッツに、チューブトップという出で立ちだった。


関連記事:『イッテQ!』温泉同好会のメンバーで面白いのは誰? 1位は女性に絶大な人気の…

■伝説の企画「今はNG」


布の面積が増えたことに、いとうは「日本の期待していた皆さん、そしてウッチャン。こんなに体を覆っちゃって本当にごめんなさい」と謝罪。

過去の映像とともに「各所から『わがまますぎる』とNGが出たのだ」とのナレーションが入り、裸同然でのボディペインティングは、現在はNGとなってしまったよう。

その後、全身にペイントを施された状態でパリの街に出没し、今回も体を張ったいとう。スタジオも爆笑に包まれた。

■「最高」「元気出た」と反響


布の面積が増えたことをいとうは謝罪していたが、視聴者からは安堵の声も。そして今回も体を張って笑いを届けてくれた彼女に、多くの反響が寄せられている。









「笑った」「ありがとう」といった声が目立つ。

■幅広い層から愛される『イッテQ』


いとうをはじめ、芸人たちが体を張って「世界の果て」から感動と笑いを届けてくれる同番組。しらべぇ編集部が全国の20代~60代の『イッテQ』を見たことがある男女1,325名を対象に実施した調査では、全体で41.6%の人が「『イッテQ』が好きだ」と回答している。



露出をいとわず、体を張った企画に挑んできたいとう。8月24日~25日にかけて放送される『24時間テレビ』(同系)ではチャリティマラソンランナーの1人に選ばれており、42.195キロのフルマラソンに挑む。大きなケガなどすることなく、無事に完走できることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→いとうあさこら1泊2日どケチ旅に不満の声殺到 「どこがドケチ?」「セレブ旅だよ」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代のイッテQをみたことがある男女1325名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ