シングル女性必見! マンション購入の極意 第13回 知っておきたい! 信用できる不動産会社の見分け方とは!?


前回は将来、売却や賃貸がしやすい 資産価値の高い マンション選びのポイントをご紹介しました。マンションを買うには、不動産会社とのお付き合いはなくてはならないもの。今回は、信用できる会社の見分け方とポイントについてご説明いたします。

○不動産会社の実績を調べる

私は一般社団法人「女性のための快適住まいづくり研究会」の代表として「女性のためのかしこいマンション購入術講座」の講師を務め、これまで9万人以上の20代~70代のマンション購入を考える女性と出会ってまいりました。

不動産会社を見極める際、女性のマンション購入の場合は、まず会社案内やホームページで経験と実績をチェックしてみましょう。ただ、近年注目され始めたシングル向け分譲マンションは、企画のノウハウ面で各社とも少ないのが実情。

シングル向けのマンションをつくって売るには、様々なノウハウが必要で、各社が研究を重ね、暮らしやすく品質の良いマンションをつくっていこうとします。つまり、その不動産会社が過去にどれぐらいシングル向けの分譲マンションをつくってきたかが重要で、会社の歴史は長くても一戸建てやリゾート物件ばかり取り扱ってきたところは、その実績が少ないともいえます。まずは、その不動産会社がどのようなマンションをつくってきたのか調べてみましょう。
○担当営業マンはベテラン正社員を選べ!

マンション選びはお見合いと同じ。そのお見合いのカギを握るのが、不動産会社の営業担当者です。不動産会社の営業担当者には、物件に関する質問から資金計画、住宅ローンの組み方など多岐にわたって相談にのってもらうことになります。多忙なシングル女性のよい相談相手となり、事務手続きを代行してもらうことも多いので、営業担当者との相性はとても重要。

モデルルームには何人もの営業マンがいますが、所長やマネージャークラスなどナンバー3までにお願いしたいところ。最初の担当者に質問したときの対応や態度などで相性チェックをしてみて、「この人ちょっとイヤ」と思ったら、「ローンや税金に詳しい担当者に代わってほしい」とお願いしてみてください。
○免許番号は目安程度にチェック

不動産会社のチラシには必ず「宅地建物取引業者番号」が記載されています。この番号は国土交通大臣や都道府県知事が発行する免許番号で、事務所が2つ以上の都道府県にある場合は国土交通省、1都道府県だけの場合は各都道府県の所管になります。

表示は「国土交通大臣(8)第123号」または「東京都知事(3)第12345号」となっています。このうちのカッコの中に書いてある数字は、免許の更新回数を表し、その会社の営業年数がだいたい推測できます。現在は、5年ごとに免許更新が行われており、この数字が大きいほど社歴が長く、それだけ実績と経験があると判断できます。

ただし、会社が古いから絶対に安心というわけではないですし、逆に会社は新しくても、営業マンの知識が豊富で品質のいいマンションをつくっている会社もあります。数字はあくまで目安にしましょう。
○大切なのは販売会社より事業主と建設会社

マンションを分譲している不動産会社には、企画から販売まで一貫して行っているところと、販売を「販売会社」に業務委託しているところがあります。チラシやパンフレットに「事業主(売主)」と「販売会社(販売代理会社)」が書かれていたら、それは販売を委託しているということ。

ここで注意したいのは、事業主を確認することです。販売会社の仕事はモデルルームの案内から契約、ローンの手続き、引き渡しまでで、それ以降の責任は事業主になります。入居後のトラブルなどを考えると、事業主の経営状態や業績も大切です。

また、もうひとつ重視したいのが建設会社。建築技術への安心・信頼面はもちろんですが、特に大手の建設会社はマンション建設を受注するとき、経営に不安のある事業主の仕事は受けません。つまり、建設会社を見れば事業主の信頼度もある程度はわかるというわけです。

ぜひ、今回挙げたポイントを参考に、自分に合う不動産会社を探してしてみてくださいね! わからないことがあれば、銀座・自由が丘・大阪梅田のマンションライブラリーでのご相談もお待ちしております。

○執筆者プロフィール : 小島ひろ美

一般社団法人 女性のための快適住まいづくり研究会 代表。1957年福岡県生まれ。関西学院大学商学部卒 ライフスタイル・コーディネーター、宅地建物取引士、相続診断士 。26歳の時にマンション購入で苦労した経験をいかし、"女性がマンション購入の夢を実現できる世の中にしたい"と1991年に研究会を設立。以降、「女性のためのかしこいマンション購入術講座」で、今までに9万人以上の女性たちに900回以上の講演を行いながら、28年間に渡り女性のマンション購入を応援し、第一線で活躍中。著書「シングル女性の(得)マンション選び」(講談社)、「元気になる!幸せマンション購入術」(アスコム)、他多数。・『女性のための快適住まいづくり研究会』https://kaiteki.gr.jp/・「女性のためのかしこいマンション購入術講座https://kaiteki.gr.jp/seminar/lp.php

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ