マンネリ対策が知りたい!倦怠期を乗り越える【男女別】テクニックを徹底解説

ハウコレ

2019/8/11 13:00



せっかく両想いになって付き合うようになれても、毎日バラ色の人生が続くことは…正直難しい話。それは「人が慣れる生き物」だからです。

人間には環境に対する対応能力があり、状況の変化に合わせて順応することで進化を続けてきました。生きるための本能が、恋愛におけるマンネリ化を生み出すともいわれています。

しかし、いかにマンネリを解消させていくか…の努力によって、「マンネリ関係」から「安定の関係」に変えることができます。マンネリ回避のためには、相手のマンネリサインを見逃さず、都度、対処していく地道な対策が求められています!

これからマンネリ化の原因と倦怠期のメカニズムについてくわしく解説していきますので、ぜひ、今後の恋愛の参考にしてみてください!

■マンネリ化の原因が知りたい!倦怠期のメカニズム


■トキメキは脳内麻薬の威力
人は恋愛をすると、快楽ホルモンといわれる「ドーパミン」と、ドキドキやトキメキを生み出す脳内麻薬物質「フェニルエチルアミン」が発生します。

そのため、恋愛をすることで今まで感じていなかった感覚に陥り、「特別な感情」が芽生えるのです。

本来、脳内麻薬物質はしばらくすると消失するものなのですが、不倫などの障害のある恋をする場合には普通の恋愛より多くの脳内麻薬物質がでてくるため、なかなか止められないという結果も生み出します。
■ドキドキが続くと体に負担
恋愛のドキドキは一種の不整脈のようなもの。脳と心にドキドキが続きすぎることで体に負担が出てくることも事実です。脳内麻薬物質を抑えて、体への負担を減らそうとする自己防衛本能がマンネリの原因ともいわれています!
■マンネリ化しやすい時期
一般的にはマンネリ化しやすい時期として「3ヶ月」「半年」「1年」「3年以上」というラインがあります。

付き合い始めの新鮮さも、まずは3ヶ月で薄れてしまうもの。その後も、相手に対する慣れが強くなるにつれてマンネリ時期も定期的にやってくるでしょう。マンネリは長い付き合いになればなるほど避けて通れなくなります。

■彼氏がマンネリを感じている時のサイン
男性がマンネリを感じた時のサインはとても分かりやすいです。「彼女への興味」が薄れていくので、付き合っているのかどうかも分からないような冷めた態度になります。

LINEがそっけなくなる
急用以外の返事を基本的にしたくない、面倒くさいと思っています。自分から用事があるとき以外、彼女のために時間を割きたくないとさえ思っている人も。それだけ彼女に関心がなくなっているマンネリサインです。
■目を合わせない
目の前にいても、会話をしていても、「頭の中では別のことを考えている」状態ですね。マンネリ化していることで彼女の存在そのものに飽きているのでしょう。
■スキンシップを避ける
女性として魅力を感じなくなっている証拠。マンネリ化した相手に対して性欲も消失してしまっている状況です。

自分から愛情表現してあげたい気持ちもなくなっているので、触れられること自体うっとおしいと感じてしまっているのでしょう。慣れ過ぎた結末によくある話です。

■彼女がマンネリを感じている時のサイン
女性は基本的に自分の気持ちを分かってほしい生き物です。マンネリを感じたとき、少しでもカレに気持ちが残っている場合には、改善を期待して不満のある現状へのアピールをしてくるでしょう。
メイクやおしゃれに手を抜く
すでに恋人になったカレに対して慣れがでて…「振り向いてもらう」努力が薄れた結果、女性は手間も時間もかかる自分磨きに手抜きを始めます。

付き合っていても「大切にされている実感」が持てない女性も、メイクやおしゃれの手を抜きがち。「どうせ大切にされないなら、カレのために時間をかけておしゃれするなんて無駄」だと思っている状態です。

■他のカップルが羨ましい
要は「自分も愛されたい」というサイン。他のカップルを羨ましがる素振りを見せるということは、マンネリ化してることで「大事にされていない」と感じているのでしょう。
■ダメ出しが増える
カレへのダメ出しが増えるのはマンネリを改善したい気持ちの表れでもあります。マンネリの原因は「彼氏側」にあると思っているからですね。トキメキがなくなったのはカレのダメな部分が多いからだと…。

■彼氏に効果的なマンネリ対策法
男性のマンネリ対策法のポイントは「精神的な刺激」です。

平坦になってしまっている日常に「期待」や「焦り」といった変化を与える出来事を提供することで、刺激を作ることができるでしょう。カレの心と脳を刺激するアクシデントがあればドーパミンが流れ出して…マンネリ解消のきっかけになるはずです。
■いざという時に頼る
どんな悩みでもいいのですが、自分が困ったことがあるときには彼氏に相談して頼ってみましょう。

いきなり「助けて」は重すぎて引かれる可能性もあるので、問題に対して「どうしたらいいと思う?」というソフトな頼り方がベスト。

男性は頼られることで自信がつき、弱っている彼女を助けたいという「新しい気持ち」が生まれ、マンネリ脱出の糸口になります。
■セクシーな下着を買う
男性の本能を刺激する手っ取り早い手段ですね。男性は「視覚・聴覚」で興奮する作用が強いので、今まで着たこともないようなセクシーな下着姿の彼女を見たときには、脳内にドーパミンがドクドク。

まるで付き合いたての頃のような新鮮な気持ちで、彼女と向き合うことができるようになるでしょう。

■嫉妬させる
そばにいるのが当たり前になることで、彼女が空気のような存在になる傾向が多くみられます。

しかしそれは、変わらない日常への安心感からくるもの。「他の誰かに取られるかもしれない」という焦りと不安を与えることで刺激になります。

無意識にも「自分に振り向いてもらうための努力」を始めるようになるので、マンネリ気味の日常が一変することが期待できます。

■彼女に効果的なマンネリ対策法
女性のマンネリ対策法のポイントは「愛されていることへの実感」です。性格や年齢問わず、女性は自分のことを想ってくれると感じられる行為に弱いもの。

言葉も大切ですが分かりやすいのは行動ですね。「彼女のため」を考えた行動を起こすことで、マンネリ気味だった彼女の心にドーパミンが復活するでしょう!


■記念日にドラマチックなサプライズを計画する
女性は基本的にヒロイン願望・お姫様願望があります。

現実的にはそんなものはいないとバカにしながらも、心のどこかでは王子様を待っているような自分も絶対にいるはず。そんな女心をくすぐるのがドラマチックなサプライズです。

自分のためだけに準備してくれたカレに対して、恋をした瞬間のトキメキを思い出すでしょう。記念日にすることで「ちゃんと覚えていてくれたんだ」というプチ感動も与えられますね。
■アクセサリーをプレゼントする
金額問わず、今も昔も女性は装飾品のプレゼントに弱いです。指輪でもピアスでもブレスレットでも、なんでも良いのです。

なにか身を飾るアクセサリーをプレゼントされると必ずテンションが上がるはず。「自分のために選んできてくれた」ことに愛情を感じ、カレへの気持ちも盛り上がってくるでしょう。
■高級レストランやホテルを予約する
単純に「高ければいい」というものでもないのですが、「高いに越したことはない」というのが女性の本音。深層倫理からいえば、自分との時間にお金をかけること=自分への愛情の大きさと判断するからです。

少しマンネリしてきたと思ったら、ちょっと奮発して高級レストランやホテルを予約してあげましょう。非日常的なエグゼクティブ空間が、マンネリ解消の手助けになるはずです。(沢田七海/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ