三浦春馬主演でリメイク!イ・ジュンギ主演のタイムリミット・サスペンス『TWO WEEKS』

AbemaTIMES

2019/8/11 10:00

 三浦春馬主演の日本版も話題のドラマ『TWO WEEKS』。『アラン使道伝』のイ・ジュンギが殺人の濡れ衣を着せられた男を熱演するタイムリミット・サスペンスだ。


(C)2013MBC
 組織に属するチンピラで弟分と共に質屋を営むチャン・テサン(イ・ジュンギ)は8年前に恋人のソ・イネ(パク・ハソン)と別れてからは夢も希望もない毎日を送っていた。そんなある日、突然、テサンの前に現れたイネは、娘スジンが急性白血病で、骨髄移植が必要だと彼に告げ「骨髄検査をしてほしい」と頼む。実は彼女はテサンに黙ったまま彼の子供を産み、ひとりで育てていたのだった。骨髄が適合することがわかり、2週間後に移植手術を行うことになったテサン。しかし、彼はある殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。その後、護送中の事故により逃亡に成功したテサンは、手術の日まで、逃げ続けることを決意するが……。


(C)2013MBC
 映画『王の男』で見せた圧倒的に美しいルックスで俳優として大きく注目されて以降、時代劇『麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~』や『クリミナル・マインド:KOREA』といった様々なジャンルのドラマに主演し、力強い演技を見せてきたイ・ジュンギ。そんな彼であっても、警察や検察、さらには彼を利用しようとしていた権力者たちの追跡をかいくぐって逃げ続けながら娘への父性愛を育んでいくチャン・テサンというキャラクターは、かなりハードルが高かったようで、オファーを受けた直後はかなり悩んだとのこと。しかし、『いとしのソヨン』や『黄金の私の人生』などの人気作を手がける脚本家ソ・ヒョンギョンの強い希望を受けて出演を決意。アクションはもちろん、生きる目的を失っていた主人公の予想を越えるサバイバル能力や人間としての成長、さらにイ・チェミ演じる娘スジンとの温かなやりとりも細やかに演じ、俳優として新たな魅力を発揮している。


(C)2013MBC
 テサンから一方的に別れを告げられた後、スジンをひとりで育ててきたイネに扮しているのは『トンイ』のパク・ハソン。イネは刑事のスンウと交際中で、スジンのことも親身になって心配してくれている彼を愛しているが、テサンとの再会によって複雑な思いを抱くようになる。そんなイネを好演したパク・ハソンとスンウ役の『烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち』のリュ・スヨンはこのドラマでの出会いをきっかけに交際を始め、17年に結婚している。


(C)2013MBC
 そのほか、テサンに濡れ衣を着せた暴力組織のボスと政治家の癒着を捜査してきた検事パク・ジェギョン役で『検事プリンセス』のキム・ソヨン、闇の仕事を受け持つキム先生役で『グッバイ ミスターブラック』のソン・ジェリムも出演。手に汗握るストーリーを緊張感のある演技で支えている。

『TWO WEEKS』は8月15日(木) 22:10 ~ 23:00、AbemaTV【韓流・華流チャンネル】にて放送

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ