好きな人といい関係でいるための心配り3つ

愛カツ

2019/8/10 08:45


長く付き合っていると、相手のことが良くも悪くもわかってくるもの。

そうしたときに気をつけたいのが、なあなあの関係にならないことです。

相手といい関係を築くためには、付き合いが長くても、多少なりとも相手への心配りが不可欠です。

今回は、好きな人といい関係でいるための心配りについて考えてみました。

好きな人といい関係でいるための心配り3つ

■ (1)無理をしない

付き合いが長くなってくると、相手との関係も落ち着いてくるものです。

会う頻度や連絡頻度も付き合い当初より、回数が落ち着てくるカップルが多いのでは?

というのも、相手といい関係でいるためには、相手との関係に応じた付き合い方も大事になってきます。

必要でなければ連絡しなくてもいいですし、会わなくてもいいと思います。

相手が会いたいときにデートをし、連絡が欲しい時に連絡を取ることで、相手の存在感が引き立ちやすくなるでしょう。

ここで、関係がなあなあになってしまうと、相手の有難みが薄れてしまいかねません。

相手といい関係でいるためには、ぜひメリハリのある付き合いも意識してみてください。

■ (2)相手を尊重する

付き合いが長くなってくると、相手との関係が良い意味でも悪い意味でもマンネリになりがち。

そうなってくると、相手に対する態度や接し方がぞんざいになることも少なくないものです。

それこそ、仕事の疲れやストレスを彼に当たってしまうこともあるのでは。

しかし、彼の代わりは彼以外にいない。

それほどまでに、彼の存在感が大事なのであれば、そうしたなあなあ感はよくありませんよね。

相手がしたいこと、相手の意見をうやまうことを忘れずに。

いかにして彼の気持ちを受け止められるのか。

その配慮が愛だと思います。

相手といい関係でいるためには、相手を尊重する気持ちを常日頃持っていたいものです。

■ (3)相手を想う気持ちを形にする

付き合いが長くなってくると、相手の愛情が生身で感じることが少なくなってくるのでは?

落ち着いた関係でいられることは嬉しいですが……。

まだ結婚していない関係だと、カップルの状態に不安を抱く人もいるかもしれません。

そうしたときに大事なのは、「大好きだよ」という言葉を想っているだけではなくきちんと口にすることや、誕生日くらい、形に残るプレゼントをして相手への想いをちゃんと伝えることだと思います。

付き合っていても仕事などすれ違いで、相手への感情がごちゃごちゃしてしまうことって少なくないもの。

そんなとき、相手の言葉やプレゼントが、気持ちを引き留めることって、大いにあります。

ぜひ、気を配ってみてください。

■ おわりに

いい関係でいるには、どんなに相性のいい相手でも、それなりの心配りは必要です。

いい関係でいるための努力として、ぜひ前向きに捉えてみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ