よくケガする人に注意の声 ひとつのケガから大事に至ることも

しらべぇ

2019/8/11 08:40

(Rawpixel/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
スポーツやアウトドアが好きな人は、ケガが多いのも無理はない。しかしそのような趣味がないのにケガを頻繁にするのなら、おそらく周囲は心配するはずだ。

■頻繁にケガする人は少ない


しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,721名を対象に、「ケガについて」の調査を実施。



「よくケガをしてしまうほうだ」と答えた人は、全体で19.2%と少ない割合である。


関連記事:駅のホームで「歩きスマホ」 危険なのにやめられない人の傾向

■知らないうちに切り傷が…


性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。



しかも、若い女性に多いのが印象的だ。

「先日、料理しているときに、うっかりして指を切ってしまった。注意しないと」(20代・女性)


知らないうちに、ケガをしている人も。

「知らないうちにすり傷ができたり青あざになっていたりすることがあり、後で『なんだろう、これ?』ってなるタイプ。普段はそんなに、おっちょこちょいではないと思うんだけどな」(30代・女性)


■落ち着きがなくてケガ


落ち着きのない人は、やはりケガをしやすいようだ。

「うちの弟は子供の頃から落ち着きのない性格で、しょっちゅうケガして家に帰ってきていた。大人になってからも相変わらずで、先日も『足を骨折した』と連絡があった。


骨折の理由も『駅の階段で気が緩んだのか、踏み外して落ちた』と、気をつけていれば回避できそうなもの。人を巻き込まなかったのが、不幸中の幸いかな」(30代・女性)

■ひとつのケガから大変なことに


年を取るにつれて、ケガを警戒する気持ちが強くなる人も。

「若い頃には、ケガなんてしてもすぐ治るものだと思っていた。だけど年を取るにつれて、軽い切り傷でも治るのが遅くなってきたような気がする。さらに年を取るとちょっとしたケガが寝たきりを招くことにもなりかねないから、今から注意しておかないと」(40代・女性)


快適な毎日を送るためには、やはりケガはしないに越したことはない。

・合わせて読みたい→今は同居でも一人暮らしをしてみたい? 10代は自由を謳歌したい傾向も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ