動物に怒った経験は? ペットを飼っている人はしつけとして…

しらべぇ

2019/8/11 07:20

(Rawpixel/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
家族の一員としてペットを迎え入れるからには、しつけもしっかりとしたいもの。いけないことをしたときには、叱らなければいけない場面もあるだろう。

■4割近くが動物に怒ったことあり


しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,721名を対象に、「動物について」の調査を実施。



「動物に怒ったことがある」と答えた人は、全体で38.2%だった。


関連記事:【衝撃の結果】「ペットフード」を食べちゃう年代が判明

■ペットの世話を担当する人が


性年代別では、ほとんどの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。



ペットの面倒を見る立場の人は、動物に怒る機会が必然的に増えるだろう。

「うちでは犬を飼っているけれど、私がほとんどの面倒を見ている。夫や娘はかわいがるだけでいいから甘やかしているけれど、私はちゃんとしつけないとって思うから。


怒る役回りなんて本当はしたくないのに、私まで甘やかしてしまうとうちの子のためにならない。ただ長時間一緒にいるだけあって、私に一番なついているのがうれしいところ」(40代・女性)


■野良猫に怒ってしまって…


ペットを飼ったことがない人は、動物に怒る機会がほとんどない。

「今まで一度もペットを飼ったことがないので、動物に怒る機会などはまったくなかった。たまに街中で猫を見ても、かわいいなーって思うだけ」(20代・男性)


ペットを飼っていなくても、野良猫に怒ったことがある人もいる。

「玄関に置いていた植木鉢を、近所の野良猫がひっくり返すところをちょうど見てしまった。おもわず『こら!』と叫んだら、慌ててどこかに逃げていった」(30代・男性)

■動物に怒るのにも性格が出る


動物に怒るのは、なかなか難しいことだ。

「人に怒るのさえ難しいのに、他の動物なんてさらにハードルが高い。人間と受け止め方が違うから、怒り方によってはまったく通じないこともあるだろうし」(20代・女性)


動物への怒り方にも、各自の性格が出る。

「必要以上に恐れられるのが嫌だから、愛犬にさえあまり強く言えない。会社でも後輩には控えめになってしまう性格だから、人だけでなくペットにも弱気みたいで」(30代・男性)


人間でもペットでも、叱るのは難しいようだ。

・合わせて読みたい→動物や子供に暴力を振るう人の考えが理解できる? 子供の有無で異なる意識差も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ