渡辺謙「とても好きな作品」『刑事一代』再編集で放送


俳優の渡辺謙が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史~』が、11日(21:00~23:05)に放送される。

同局では「テレビ朝日開局60周年 夏の傑作選」と題して、平成のドラマ史を彩った4作品を8月~9月に放送。09年に「テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル」として2夜連続で放送された『刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史~』が、1夜にまとめた特別版として放送される。

「捜査の神様」とうたわれた実在の名刑事・平塚八兵衛を渡辺が演じ、高視聴率(第1夜 19.4%、第2夜 21.6% ※数字はいずれもビデオリサーチ調べ・関東地区)をマーク、「ギャラクシー賞2009年6月度月間賞」も受賞した。

渡辺は「とても好きな作品を再編集で放送していただけること、とてもうれしく思っています。八兵衛さんは、とても魅力的な人物で方言も含めとてもやりがいのある役でした。昭和の風情を探してあちこちロケにうかがいました」と振り返る。

また、「吉展ちゃん事件」の容疑者小原保役の萩原聖人との取り調べシーンについては、「出来るだけ集中力を高めるため、数日スタジオの近くに宿を取り臨みました」とのことで、「ぜひご覧ください」と呼びかけた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ