これってパーソナルソムリエじゃない? 赤ワインを分析、記録できるガジェット「MyOeno」が終了間近

1-1
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]からの転載

自分好みのワインに出会う。

赤ワインの世界はアカデミックな側面も多く、星の数ほどある種類から選ぶには相応の知識も必要。だからこそ、お気に入りの1本に巡り会えた瞬間が、ワインラバーにとっての幸せでもありますよね。

そんな見ぬ新たな美酒との出会いを助けてくれるかもしれないガジェットを一つご紹介。

現在姉妹サイトmachi-yaで期間限定オーダー受付中の赤ワイン専用スキャナー「MyOeno(マイオイーノ)」は光の透過量などでワインの味を識別し、アプリで記録や類似ワインを探すことができるというもの。

まもなくキャンペーン終了となりますので、最後にもう一度チェックしてみましょう。

雰囲気や値段で選ぶことから脱却

2-1
Image: machi-ya

多くの人が「ワインを飲もう」と思って挫けるポイントは購入段階なんだとか。

判断基準を持つワインラバーの皆さんには心配無用ですが、カジュアルユーザーはズラッと並んだリストや棚からの選択は、結果的に雰囲気や値段で判断することもしばしば。「MyOeno」はその判断をロジカルにするために開発されたとのこと。

ちなみに「Oeno(オイーノ)」は耳馴染みがないですが、古代ギリシャ後でワインを意味する言葉らしいですよ。

ソムリエも太鼓判の光を使った測定

4-1
Image: machi-ya

使用法はとても簡単。スマホとペアリングした後にアプリの手順に従って短時間だけワインにディップするのみ。調べたワインを化学変化をさせたりすることはなく、測定が終わればそのまま美味しく飲むことが可能です。
1-1
Image: machi-ya

測定の秘密は光の透過量とのこと。赤ワインはその名のとおり色が特徴ですが、熟成度やタンニンなどの含有量によって光の波長に影響し、その数値が一般的にワインの評価に利用される酸味や、軽い重たいといった項目に強い相関関係があるようです。
6-1
Image: machi-ya

数値化のアルゴリズムはワインの味と光に関する研究論文を参考に、プロのソムリエの意見を取り入れて開発されたそう。そのスキャン精度は十分であるとのことです。

味の4要素をシンプルに表示

7-1
Image: machi-ya

アプリではボディ(軽い重い)・タンニン・酸味・熟成度をトライアングルとバーグラフで表示。残念ながら現時点では英語のみですが、AIによる簡易レビューなども閲覧可能です。

その他、スキャンしたワインをラベル写真と一緒に記録しておくこともできます。
8-1
Image: machi-ya

製品自体もその使い方を示唆するようなシンプルな作りに。スイッチ類はON/OFFボタンのみで、あとは充電用のMicro USBコネクタのみとなっています。コネクタ部がむき出しなので、洗う場合には水濡れなどに注意が必要ですね。


フィーリングに加えてロジックで記録しておくとさらに奥深い世界を楽しめるのではないでしょうか? ワインが生活に根ざしているフランスならではのプロダクトで、初心者の方も血液がワインという愛好家の皆さんも新たな発見があるかもしれませんね。

「MyOeno」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン実施中。執筆時点では早割28%OFFの12,500円(送料込)からオーダー可能となっています。受付終了まであと3日。

気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>> 赤ワインの世界を広げるワインスキャナー「MyOeno」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ