『ブス恋 2019』ヒロイン役の富田望生に「全然ブスじゃない!」の声が続出

2006年に放送され好評を博した『ブスの瞳に恋してる』(略称:ブス恋)が2019年度版として新たに制作され、動画配信サービス「FOD」にて今年9月17日から配信される。2019年版では、イケメン人気声優・鈴野理(すずの おさむ)と声優を目指すアルバイト・大山美幸(おおやま みゆき)の結婚までのストーリー、さらに波乱万丈となる2人の新婚生活が描かれるが、この大山美幸を演じる若手女優・富田望生(19)のキャスティングに異論を唱える声が多いようだ。

2006年放送『ブスの瞳に恋してる』(カンテレ・フジテレビ系)では、バラエティ番組の売れっ子構成作家を稲垣吾郎が、女優の卵を村上知子(森三中)が演じ、この2人が出会って結婚するまでを描いた。原作は放送作家・鈴木おさむ氏のエッセイ『ブスの瞳に恋してる』で、妻・大島美幸との“交際ゼロ日での結婚”やその後の結婚生活を綴ったもの。2019年度版となるFODオリジナル連続ドラマ『ブスの瞳に恋してる 2019』では、イケメン人気声優をEXILEや三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーであるNAOTOが演じ、声優を目指すアルバイト店員を富田望生が務める。

富田望生と言えば、映画『ソロモンの偽証』(2015年)で女優としての一歩を踏み出し、その後も順調に活動を続け、最近では今年1月期『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)での魚住華役や放送中のNHK連続ドラマ小説『なつぞら』に居村良子役を務めている。また8月7日放送の『偽装不倫』(日本テレビ系)では、岩手の旅の道中で丈(宮沢氷魚)が立ち寄る喫茶店の娘・カナエを演じ、東京に住んでいるという丈に「東京のカメラマンなら会ったことあんでしょ、菅田将暉」と食いついて、菅田将暉が主演して富田が生徒役だった『3年A組…』のファンを沸かせ話題となった。

出演時に存在感を放ち、着実にファンを増やしてきたと思われる富田が、『ブス恋 2019』でヒロインを演じることにネット上で否定的な意見が多い。ツイッターでは、「富田望生は全然ブスじゃない!」「全然ブスじゃない富田望生ちゃんがブス扱いされることに違和感」「富田望生ちゃんかわいいやんけ…ブスではないぞ」「富田望生ちゃんのブスじゃない感目立つ」「望生ちゃん メチャクチャかわいいよ!? ミスキャストだと思う」などと違和感を覚える人が続出している。

また「富田望生はブスじゃないけどなぁ 太っててメイクもブスに見せてるときあるけど、役作りで太ってるだけだし、痩せてメイクしてる時綺麗だよ」との意見や、「富田望生ちゃんがブスじゃないからこそ出来る役。ホントのブスにブスとは言えないからね」「なんか、可愛くないキャラみたいなのやらされてるけど、なんて言うか結局可愛いから成立してるだけで 本当にブスがやったら…だよなー」とキャスティングに理解を示すツイートも見受けられる。

他にも「直人さんの口から『ブス』という単語を聞きたくない」など、「ブス」という言葉自体に嫌悪感を抱く人も。鈴木氏は「今回、『ブスの瞳に恋してる』を新たな形でドラマにしたいとオファーを受けて、だったら、自分で脚本を書き、新たなブス恋をドラマとして作りたいと思いました」、また富田は「とてもあたたかい物語です。お楽しみに!」とコメントを寄せているが、どのようなドラマになっているのか気になるところだ。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ