「凪のお暇」高橋一生の号泣&顔芸で株爆上げ、中村倫也はキスの“沼”

dwango.jp news

2019/8/10 17:00


6月にドラマ「凪のお暇」(TBS系・金曜よる10時~)の舞台挨拶が行われたときに、ゴンを演じる中村倫也が「慎二やべぇ。きっとこれ、放送されたとき#慎二やべぇが流行るのではないかな」と話し、会場を沸かせたことがあった。ドラマ初回が始まると、早速慎二のモラハラぶりや演じる高橋一生のサイコな演技で、中村の言うように「#慎二やべぇ」は公式ハッシュタグにもなって次々と呟かれたが、第4話では「#慎二やべぇ」に加えて、「#慎二守りてぇ」というハッシュタグをつけてTwitterに投稿する人が非常に多く見受けられた。

それもそのはず、9日放送の第4話では、もう一人の“やべぇ”やつ、ゴン(中村倫也)のメンヘラ製造機ぶりが露呈。対照的に凪のために号泣する慎二に「もらい泣き」「胸をえぐられた」「これまでで一番慎二に共感しまくり」と慎二の株が爆上げされた回と言っても過言ではないだろう。

また同時に、高橋一生の自在な表情の変化やコミカルな演技も話題で、「今日の一番のハイライトは高橋一生の顔芸」「慎二の顔芸、優勝!!!!!」「慎二いつも以上にお笑い担当になってる気が(笑)」などとコメントが投稿された。(以下、ネタバレあり)

第4話はいきなり刺激的。先週衝撃のラストシーンとなった凪(黒木華)とゴン(中村倫也)が一夜を共にする場面から。「ゆらゆら~ふわふわ~無重力」と凪が表現したように、ゴンは何度もはむっと優しくキス。「めっっっちゃくちゃ気持ちよかった!!!」「熱くて溶けるかと思った」…凪はゴンの虜となってしまった。凪が余韻に浸っている間にゴンは携帯でゲーム。ぽかんとする凪に、「ぽかんとした顔も可愛いねー」とまたおでこに唇をあてた。

坂本さん(市川実日子)は“オトナの関係”(のちに“セフレ”と言っちゃった!)と言ったが、凪は自分との関係が何なのか、ゴンに確かめられないでいた。結局「野暮だから聞かない」という選択をする。つまりまた空気を読んでしまったのだ。

この後もベランダキス、合い鍵、「しばしのお別れのぎゅうぅう~~~~~」(ハグ)、バイク二人乗り…と、ゴン(中村倫也)の反則級の“沼”が凪(黒木華)を飲み込み、夜も眠れないほど“会いたくて会いたくて震える”極地へと誘った。そんなゴンに視聴者からは「すごい破壊力のメンヘラ製造機」「ベランダキスはやべぇ」「クズだよゴンさん!!でも可愛い」「ダメだこいつーーー!!www」「こわっ!ゴンはんぱねぇ!ここまでくるとこわい!!!」などと、批判と悶絶の声が入り混じった。

慎二はゴンに堕ちてしまった凪を思い、凪同様、布団にもぐりこんで眠れない夜を過ごしていた。慎二の部屋にあった豆苗が、想いの深さを感じさせる。この慎二と凪の眠れない夜の様子は左右Wの画面で映され、2人が似た者同士であることを物語っているようだった。

どうしても凪のことが気になる慎二は、“圧倒的に顔が可愛い”会社の後輩・市川円(唐田えりか)との食事もやめ、凪のアパートへ。慎二のインターホン狂気の連打は好評だが、さておき凪はいない。ゴン(中村倫也)の部屋で待つことに。ここで慎二はゴンのメンヘラぶりを痛感することとなる。そして高橋一生のコミカルな演技も炸裂する。

ゴンは、凪とのことは「我聞(慎二)くんが心配するような仲じゃないから安心して、大丈夫」と発言。エリィ(水谷果穂)が言った「あいつはただひたすら、目の前にいる人に誠実なの。それってつまり、目の前にいない人には不誠実ってこと。」目の前にいる人は男も女も関係ないようだ。「俺ら一切そういうんじゃないんで」と強がる慎二に、「我聞くんってかわいいね」と顔を近づける。

凪にしたのと全く同様のトーンで慎二をもてなすゴン。ホット麦ミルクを供し、「騙されたと思って一口」「あ、うま」「でしょ?」。ここで慎二が「そもそもこの麦茶自体がうまいよな、香りが濃いっつーか」と指摘すると、さらっとゴンは「その麦茶ねぇ、うちでなぎちゃんが淹れてくれたやつだよ」と返した。

「う・ち・で・い・れ・て・く・れ・た・や・つぅぅぅぅーー!?」

これは慎二の心の声なのだが、まず声がおかしい。ドラえもんのような、本当に高橋一生の声?と思う程の声。しかも一音ごとに顔の表情が変わるという顔芸ぶり。これはぜひ画面で確認いただきたい。

この後も心の中でゴンに何度もツッコミを入れながら、荒ぶる慎二だが、ゴンとゲームを楽しんでいると、ふわっとした空気に慎二もいつのまにか飲まれ、家族のこともするっと話してしまうという事態。ゴンは「ぬるっと人をたらしこむ、生きてるだけで貴重な国産天然うなぎ」なのだと悟った。しかもユニットバスの洗面台で見た物は、大量の歯ブラシと化粧品の山。とどろく雷鳴とともに慎二に戦慄が走った。

雨の中、コンビニから食べ物を買って出てくる凪(黒木華)を見つけた慎二。「私は元気だよ」という凪に対して、声を荒げ「どこがだよ!?なんだ?この自堕落な飯のチョイスは!節約魔のお前がコンビニでこんな散財ありえねぇだろ!なんだよその顔!ゾンビみてーにやつれて!」「いいのかよ?お前以外に何人も女がいるような男で!」と叱った。凪を想い、心のままに言葉をぶつける慎二に、凪は「全然いいよ?だって2人でいるときは幸せなんだもん。ゴンさんみたいな素敵な人はみんなでシェアしなくちゃ」――。慎二は唖然。

「さむっ!」「おまえさ、マジですべってんだよ」

なんとか絞り出した言葉は、今まで出てきた慎二のひどい発言と言葉のチョイスは同じだが、今回はまったく響きが違う。凪を想うがゆえの言葉だった。そして毎話恒例となっている慎二の号泣シーンだが、今回は初めて凪の目の前で号泣した。こんな慎二に視聴者からは、「毎回凪に当たり強いのが今回はまともなこと言ってるように感じる」「最初ヤバいと思ってた慎二が一番まともに見えてくる不思議」「これは慎二推しになるやつ」「今日の慎二カッコイイ!!」「今回慎二がめちゃくちゃ愛おしい」と、慎二(高橋一生)はみるみる株を上げた模様だ。また高橋一生についても、「凪のお暇は高橋一生の存在がでかすぎる」「高橋一生の株がどんどん上がるドラマ」「ホントにお芝居が素晴らしすぎて、しんどい」などと絶賛の声が上がっている。ちなみに「慎二、もしかして泣いてるの…?」という凪(黒木華)の台詞の後には、「毎週泣いてますよ」と視聴者からの総ツッコミが入っていた。

第4話も盛り沢山。あっという間の1時間だった「凪のお暇」。予告映像はなし!次の金曜の夜が早くも待ち遠しい。

(C)TBS

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ