Galaxy Note10・Note10+って実際どう? 2機種の違いは?


●大画面のNote10+、ちょっと小さめなNote10
Samsung Electronicsが8月7日(米国時間)に開催した「Galaxy Unpacked 2019」。新たに発表されたのはGalaxy Note10シリーズでした。前モデルのGalaxy Note9から順当なバージョンアップですが、付属スタイラス「Sペン」の性能向上がやや物足りない印象でした。ただ、端末として2つの画面サイズを用意した点は、新たなユーザー獲得につながりそうです。

○Galaxy Note10とGalaxy Note10+の違いは?

2つの画面サイズとなったGalaxy Note10シリーズは、6.3インチ画面のGalaxy Note10(以下、Note10)と、6.8インチ画面のGalaxy Note10+(以下、Note10+)の2モデルがあります。Galaxy S10+が6.4インチだったので、画面サイズが小さい順に、Galaxy S10、Note10、S10+、Note10+となります。

6インチを超える大画面とはいえ、細長いボディは比較的持ちやすく、ペンのないGalaxy S10+よりもわずかに小さいため、6.8インチが大きすぎるという人にとって最適です。実際に両者を持ち比べてみると、Note10+が非常に大きいため、想像以上にコンパクトに感じます。

逆に、Sペンを使うにはNote10+ぐらいの大きさのほうが大画面を有効に活用できて便利です。直前に発表された10.5インチタブレットのGalaxy Tab S6もSペンを搭載しており、しかも同じSペンなので互換性があります。普段はコンパクトなNote10シリーズ、大画面はTab S6と、使い分けるのもいいかもしれません。太く大きいGalaxy Tab S6のSペンのほうが、長時間の利用には向いています。

ハードウェア的な仕様では、Note10はメモリ8GB、ストレージ256GBですが、Note10+は12GB・256GB、または512GBとなっています。また、Note10の5G対応モデルは12GBメモリ・256GBストレージのモデルもありますが、これは韓国版のみ。メモリ容量の大小が、Note10とNote10+の違いの1つです。ほか、microSDカードスロットがあるのもNote10+のみです。

カラバリが豊富なのはNote10です。Note10+はAura Glow、Aura Black、Aura White、Aura Blueの4色ですが、Note10はAura Glow、Aura Black、Aura White、Aura Pink、Aura Redの5色になります。ほかにも細かい仕様の違いはありますが、必要な機能と好みで選んでよさそうです。

●大きな違いはカメラ
最大の違いとして挙げられるのがカメラです。メインとなる3つのカメラは同等ですが、Note10+にはToFカメラを含む深度測定用カメラが搭載されています。これによって、背景ボケといった撮影機能の精度が向上しているようです。撮影上の機能はNote10でも使えますが(新機能のライブフォーカス動画を含めて)、Note10+のほうがより自然だったり高画質だったりする可能性があるのでしょう。

発表会では、3Dスキャナーアプリを使って、ぬいぐるみの全体を複数回撮影、モデリング、3Dオブジェクトを作成――というデモが行われました。以前、ファーウェイがインカメラで似たような機能を提供していましたが、深度測定カメラを搭載するNote10+はより正確に記録できるため、使い勝手はよさそうです。この3Dスキャナーは、Note10+のみ対応となっています。

記録した3Dオブジェクトは、ARアバターとしてカメラの画面上に表示し、被写体と同じ動きをさせて一緒に記録する、といった使い方もできます。なかなか興味深い機能でした。

ぬいぐるみなどをアバター化して動かして撮影できるというのは、どちらかというとNote10+よりも、Note10のターゲットユーザーに好まれそうです。カメラで遊ぶ以外の用途にも使えるのですが、できれば深度測定カメラは両モデルとも搭載してほしかったところです。

とはいえ、カメラは定評のあるGalaxy S10+・S10 5Gと同じモジュールで、画質に関しては同等といえそうです。画質としては、スマートフォンカメラとして十分以上の性能があるでしょう。

●Sペンの新機能
スタイラスのSペンは、ジャイロセンサーと加速度センサーを搭載したことで、ペンの動きを検知できるようになりました。振り返ると、Note9からBluetoothで本体と接続して、ボタンを押すとカメラのシャッターを切る、といった操作が可能でした。

Note10からは、さらに上下左右に振ったり、円を描いたりすることで、カメラのモード切替やズームといった操作に対応。YouTubeアプリでは音量変更や早送りなどの操作も可能です。SDKが公開されているため、サードパーティーがこの機能をアプリに取り込むこともできます。

ペン全体ではなく、手首を使ってペン先だけを動かす感じにすると操作でき、アプリによっては便利に使えそうです。

ただ、ペン自体の性能強化がなかったのは残念なところです。Note9のSペン仕様だった4096段階の筆圧検知や傾きを検出しない点などは共通で、書き味もあまり変わらない印象でした。書きやすいのは確かなのですが、Apple Pencilの書き心地まで見据えると、もう一段の進化を期待したいところです。

ソフトウェア的な面では、Samsung Notes(日本名はGalaxy Notes)アプリに搭載された手書き文字のテキスト化機能は便利です。今までも、手書き文字を範囲指定してテキスト化できましたが、今回は手書き文字を指でタッチするだけでテキスト化し、コピーしたりできるようになり、よりスピーディに使えるようになりました。

この機能はGalaxy Tab S6にもあり、アプリのアップデートで従来機種も対応できるのかもしれません。軽く使った限りは日本語も含めて精度も高く、メモ作成の用途で役立ちそうです。
○Galaxy Note10シリーズの発売日と価格

そんなNote10とNote10+ですが、米国での発売は8月23日から。8月8日からは予約が始まっています。価格は、Note10が949ドルから、韓国版のみのNote10 5Gモデルが1049ドルから。Note10+は1,099ドルで、Note10+ 5Gモデルは1,299ドルからとなっています。

残念ながら、発表時点では日本での発売は公表されていません。例年通りならば、国内キャリアの秋冬モデルとして提供されますが……。Note10とNote10+のどちらが発売されるか、どのカラーが発売されるかも注目です。また、日本では5Gの商用化が来年(2020年)ということもあり、まずはLTEモデルになるでしょう。その辺りも残念。

Galaxy Noteシリーズは、特に海外ではペンだけでなく大画面スマートフォンとしての利用が多かったとされていますが、最近は大画面スマートフォンが多く、その点でのGalaxy Noteの優位性は薄れています。逆に大画面はいらないけどペンがほしいという声に応えたNote10の登場で、新たなユーザー層の獲得を狙っている一面もあります。

日本市場での売れ行きも決して大きいものではないのですが、ペンという存在を10年近くにわたって継続していることもあり、一定のファンがいる製品です。筆者もGalaxy Note8を使い、次はNote10と考えていたところなので、日本での製品の登場を期待して待ちたいところです。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ