「テントサウナ」は天然の水風呂&外気浴で人を“骨抜き”にするアウトドア

日刊SPA!

2019/8/10 15:50

―[アガるアウトドア]―

疲れ切ったサラリーマンが非日常感を味わえ、日頃の煩わしいストレスから解放されるにはアウトドアは最適だ。自然と触れ合う特別な時間は気分もアガる。今年は一歩外に踏み出し、爽快な夏を過ごしてみよう!

◆天然の水風呂&外気浴で人を“骨抜き”にするアウトドア

心身を癒やすサウナが持ち運べ、自分の好きな場所で堪能できる。それがテントサウナだ。今、この最新アウトドアにドハマりする人たちが増えている。テントサウナの普及活動を行うSauna Camp.の大西洋氏はその魅力を力説する。

「テントサウナから清流や湖といった天然の水風呂にダイブする醍醐味は格別。特に、ここ奥多摩の最奥地にある玉川キャンプ村は上質な多摩川源流でミネラルウォーターの採取地である川が横を流れています。そんな水に飛び込めるなんて最高です」

オススメのロシア製テントサウナは設置も簡単。薪ストーブでガンガンに暖めた室内は120℃近くに達し、その中で耐えること8分。その後、キンキンに冷えた清流に飛び込み、外気浴をすれば、自然が体に染み渡ってくるのがよくわかる。

「プライベートサウナだからアロマ水を使ったロウリュも楽しみ放題。幸福を独占している気持ちになれますね」

テントサウナは焚き火と遊泳OKな場所ならどこでも設置可能。サウナとともに、バーベキューなどを仲間と楽しむのもいいだろう。自然と一体になる多幸感が味わえるテントサウナ。日常を忘れるどころか、なかなか戻ってこられないのでご注意を。

◆帰りたくなくなる“非日常”ここに見つけました

<テント内では好きなロウリュを>

自分好みのアロマ水を選んで、好きなだけロウリュを楽しむことができる。最高の「ととのい」状態に向けて、自由に調整だ

<天然の水風呂にダイブ!>

自分の限界に達したら、天然の水風呂まで一直線にダイブ! 水温は15℃程度で夏でもキンキンに冷たい。期待感がここでマックスに

<外気浴で天国が見える……>

水風呂から上がるとすぐ大地の上に寝転べる。すべてがととのったときの気持ちよさはまさに異次元。いつまでも寝ていられる……

◆オススメテントサウナスポット

Sauna Camp.推薦!

●青野原野呂ロッジキャンプ場(相模原)

都心からのアクセス抜群。川辺まで車で乗り入れられるのが便利。冬はサウナキャンプの後に薪ストーブ付きコテージに泊まるのも◎

●飛雪の滝キャンプ場(三重)

絶景で水圧が強烈な「滝水風呂」が楽しめる。テントサウナはレンタルで楽しむことができるので、ほとんど手ぶらで体験できる

●両国橋キャンプ場(山梨)

水風呂へのアプローチがいいキャンプ場。開けたロケーションと泳げる深さが魅力。夏はターザンロープからの川ダイブも人気

<オススメテントサウナ>

●ロシア製テントサウナ「Walrus」

ロシア語でモルジュと読む、燃焼力抜群のストーブで世界”最熱”と言われるテントサウナ。1人でも設営できるシンプルな構造で、なんと120℃まで温度が上がり、徹底的に熱さを求めることができる。国内ではSauna Camp.より発売予定。現在は予約受け付け中で予価18万円、デリバリーは秋予定。

【Sauna Camp.大西 洋氏】

キャンプ&サウナを愛するユニットSauna Camp.の代表。テントサウナを普及するために活動中。

※取材協力:コールマン

―[アガるアウトドア]―

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ