「六本木ヒルズ盆踊り 2019」屋台グルメや遊戯を楽しむ!都内最大級の盆踊り

モデルプレス

2019/8/10 12:29

【女子旅プレス=2019/08/10】東京・六本木ヒルズでは、2019年8月23日(金)~25日(日)の3日間、「六本木ヒルズ盆踊り 2019」を開催。会場中央には大きなやぐらが組まれ、グルメ屋台や遊戯屋台も出店し、都心にいながら昔ながらの日本の夏祭りを五感で体感できる。

◆夏の風物詩「六本木ヒルズ盆踊り 2019」



昨年は6万人が来場し、今年で17回目を迎える「六本木ヒルズ盆踊り」。六本木ヒルズアリーナを舞台に、一般参加型の盆踊りをはじめ、六本木ヒルズオリジナル芸能「楽劇 六本木楽」や東北2県の伝統芸能を披露。盆踊りの参加はもちろん、観覧も全て無料で楽しめる。

◆縁日屋台で名店の食べ歩きフードを堪能



この3日間は六本木ヒルズアリーナに、オリジナル屋台9店舗と、オリジナルキッチンカー6店舗が会場に登場。
六本木ヒルズアリーナでは、屋台にて様々なオリジナル食べ歩きメニューを提供。定番の和牛串の他、鰻串、海鮮串、焼きそばなど名店の食べ歩きグルメが一堂に会する。

六本木けやき坂通りでは、けやき坂フードマーケットが開催され、『グランド ハイアット 東京』『ル・ショコラ・アラン・デュカス 六本木』のキッチンカーも限定出店。店舗より手頃な価格で自慢のメニューに舌鼓を打ちながら、夏祭り気分に浸れる。

◆浴衣で屋上「スカイデッキ」の入場料が免除に、22時まで延長営業



六本木ヒルズ森タワー屋上「スカイデッキ」では、浴衣もしくは甚平で来場すると8月25日(日)まで入場料が免除になる「浴衣 DE 無料!スカイデッキ」を実施中。(※除外日有)

さらに期間中は、夕陽から夜景への空のグラデーションや、きらめく夜景などをじっくり堪能できるよう、営業時間を夜22時まで延長しているため、夏の風物詩である花火大会の開催時には屋上からゆっくり観賞することも可能だ。

◆親子で楽しめる遊戯屋台や子ども向けワークショップ



このほかに期間中は、親子で楽しめる遊戯屋台や道路上での子ども向けワークショップ、輪投げや射的、ヨーヨー、お面などの遊戯屋台が多数登場。

さらに六本木けやき坂通りでは、道路上で『巨大すごろく』、『道らくがき』、『はだし芝生ひろば』など、いろいろな遊びが楽しめるワークショップを開催する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■六本木ヒルズ盆踊り 2019概要


期間:2019年8月23日(金)~25日(日)
住所:東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ
時間: 23日(金)前夜祭 縁日屋台 17:00~21:00/楽劇 六本木楽 19:00~20:00 (※盆踊りはなし)
24日(土)・25日(日)縁日屋台 15:00~21:00/盆踊り 17:00~20:00/六本木けやき坂通り 15:00~20:30
場所:六本木ヒルズアリーナ、六本木けやき坂通り一部使用(24日・25日)

情報:森ビル

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ