辛くないからお子さんにもOK!夏に持たせたい「ジャージャー麺弁当」

レシピブログ

2019/8/10 12:00

夏休みの塾弁や学童弁当には「冷やし麺弁当」がピッタリ。準備が楽なうえ、お子さんにも喜んでいただけますよ♪うどんやそば、そうめんなど、様々なバリエーションでお楽しみいただけますが、今回ご紹介したいのは「ジャージャー麺弁当」。アジアン麺ですが、辛くないのでお子さんにもOK!肉味噌たっぷりで満足感もありますよ。

■麺弁当には専用のランチボウルが断然便利!



冷やし麺をお弁当にするには、専用のランチボウルを使うのが便利。

内蓋に保冷剤をセットできたり、スクリュー蓋で汁漏れを防いでくれたりと、お子さんが持ち歩くのに安心の作りになっています。

今回は、そんなランチボウルを使った「ジャージャー麺」レシピをご紹介します。

■お子さんもOK!辛くないジャージャー麺(うどん)の作り方

暑い夏でもさっぱり食べられるジャージャー麺。豆板醤を使わなければお子さんでも食べやすいですよ。

材料(2人分)

ひき肉…200g
長ネギ…1本
にんにく…一片
しょうが…一片
ごま油…大さじ1
うどん、または中華麺…2袋

■ 調味料
甜麺醤…大さじ2
酒…大さじ1
オイスターソース…大さじ1
鶏がらスープの素…小さじ1
砂糖…大さじ1
醤油…大さじ1/2

■ トッピング用
キュウリ…1本
白髪ネギ…1/3本分程度
ゆで卵…1個

作り方



調味料類はすべてあわせておきます。
長ネギは一部白髪ネギ用に残しておきます。

【1】生姜、にんにく、ネギはみじん切りにします。
※ぶんぶんチョッパーを使えばさらに時短に。

【2】フライパンにごま油を入れて熱し、生姜、にんにく、長ネギを中火で炒めます。
ひき肉を加えてさらに炒め、合わせておいた調味料を加えてさらに炒めます。

【3】うどん、または中華麺を規定の時間茹でてて、冷水で洗って水切りします。

【4】キュウリは細切りに、ネギは白髪ねぎにしておきます。

事前に肉味噌を作り置きしておけば、朝は麺を茹でて野菜をカットするだけでジャージャー麺弁当が完成!



ジャージャーうどんにするのもおすすめです。
麺は固まらないようにごま油など、オイルであえておきましょう。また付属の麺容器に薄い麺つゆを凍らせておけば、保冷&ほぐし水の役割も果たしてくれます。

■ママ用のお弁当箱としても◎家族で使えるランチボウル

今回ご紹介した「ジャージャー麵」弁当はもちろん、パスタや冷麺、冷やしうどんなどの麺類や、通常のお弁当箱としても◎なランチボウル。

下段に麺、上段にお好みの具材を分けて入れることが出来るので、「麺だけだと飽きちゃう」というお子さんの要望にも応えられます。

もちろん、ママ用のオフィス弁当としても。保冷剤がついているので、暑いこれからの季節にもヒンヤリ安心して持ち運べるのも、嬉しいポイントです。



▼今回使用した商品
グーテン キャリーランチボウル フラット 保冷剤付 785ml


■アンジェ web shop
北欧雑貨、うつわ、テーブルウェアから旬のギフトアイテムまで。
日々の暮らしを彩るお手伝い。

↓キッチンツール&レシピ「アンジェbyエブリデイキッチン」はこちら
https://www.angers-web.com/ekitchen
出典元: https://www.angers-web.com/eki...

関連記事を「くらしのアンテナ」で読む

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ