ツルッと美味しい夏の麺レシピ5選、一品でお腹いっぱい!

E・レシピ

2019/8/10 08:00

猛暑が続くと、ツルッと食べられる冷たい麺類が恋しくなりますね。食欲がなくても、冷たい麺なら、何とか食べられる、という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、美味しい夏の麺レシピを5つご紹介します。どのレシピも一品でお腹を満たすことができて、とってもおすすめです。

■ツルツルッと食べられる、トロロ納豆そば

出典:E・レシピ

暑くて食欲がわかないと、のど越しの良いものが食べたくなりますよね。こちらのトロロ納豆そばなら、ツルツルッと食べれてヘルシーです。長芋と納豆がかかっているので、栄養もしっかり摂れます。仕上げに納豆の中央を少しへこませ、卵黄をのせてから、刻みネギ、刻みのり、練りワサビ、麺つゆを添えましょう。食べ応えも十分で大満足できますよ。

お好みでシソの葉やキュウリをのせても良さそうです。また、さらにトロトロさせたい場合は、刻んだオクラをのせるのもオススメ。3種のネバネバ効果で夏バテ防止にもなりますよ。

■手作りのタレでいただく、定番の冷やし中華
手作りのタレでいただく、定番の冷やし中華

出典:E・レシピ

夏の麺類と言えば「冷やし中華」が最初に思い浮かびませんか? こちらは覚えておくと、とっても便利な定番の冷やし中華レシピです。飽きることなく、定期的に食べたくなりますよ。タレは市販のものよりも、手作りした方が自由に調味料の調整ができて、好みの味に仕上がります。

最後にスイカ、紅ショウガ、練りからしを添えてからいただきましょう。鮮やかな彩りが食欲をそそります。麺の上にのせる具材は、錦糸卵やキクラゲ、カニカマでも良さそうです。具材を自由にアレンジして、新しい「美味しい!」を見つけてみてくださいね。

■ネギとノリたっぷり! シンプルな冷やしきつねうどん
ネギとノリたっぷり! シンプルな冷やしきつねうどん

出典:E・レシピ

サッパリとしたシンプルなうどんが食べたくなることってありますよね。こちらのレシピなら、ツルッと美味しい冷やしきつねうどんを作れます。

作り方も簡単。鍋に調味料の材料を入れてひと煮たちさせ、油揚げを加えて中火で汁気がなくなるまで煮ます。器にうどんを盛り、油揚げ、刻みネギ、刻みのりをのせて麺つゆをかければ出来上がりです。刻みネギとノリがたっぷりのっていて、歯ごたえも良く、あっという間に完食してしまいますよ。つゆの甘さはお好みで調整してくださいね。ワカメや半熟卵、プチトマトをのせても美味しいです。

■バジルとチーズの風味がたまらない、トマトの冷製パスタ
バジルとチーズの風味がたまらない、トマトの冷製パスタ

出典:E・レシピ

冷たいパスタはフレッシュトマトとの相性がバツグン! このレシピはその相性の良さをとことん堪能できますよ。バジルとパルメザンチーズの風味もたまりません。口に入れた瞬間に、フワッと香ばしさが広がります。パスタとソースをよく絡めるためには、カッペリーニなど細めのパスタを使うといいでしょう。

このレシピを美味しく作るコツは、パスタは茹でた後、流水で手早く洗い、冷水でサッと冷やし、布巾でしっかり水気を拭き取ること。そうすることで、麺が引き締まり、歯ごたえのある冷製パスタに仕上がります。ぜひお試しください。

■シャキシャキ食感がアクセント! ねばとろ素麺
シャキシャキ食感がアクセント! ねばとろ素麺

出典:E・レシピ

いつもの素麺の味に飽きてきたら、こちらのレシピを試してみるといいかもしれません。長芋とオクラが入ったねばとろ素麺です。食感はシャキシャキとしていて、食べやすい! 一度この素麺を食べると、リピートしたくなりそうです。

仕上げにお好みでプチトマトを添え、刻みのりをのせてからいただきましょう。刻みのりの代わりに刻みネギをかけたり、白ごまを散らしてもオッケー。マヨネーズが入ったタレは程よい酸味でまろやかな味わいです。子どもがいる場合は、タレの調味料の練りからしはなしにしてもいいでしょう。暑い日の午後に食べたい一品ですね。

夏に食べると一層美味しい、冷たい麺類。ツルッと食べることができるので、体調がイマイチなときにも最適です。残暑が厳しい今日この頃ですが、冷たい麺類を食べて内側から元気を取り戻しましょう!

(木下あやみ)

当記事はE・レシピの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ