芸能記者が語る『嵐』『TOKIO』『関ジャニ∞』が“消滅”した後の世界

まいじつ

2019/8/10 11:01

嵐
画/彩賀ゆう (C)まいじつ

来年、2020年をもって活動休止が決まっている『』に加え、最近では『TOKIO』や『関ジャニ∞』までもが、同じく来年末に活動休止になるのでは…というウワサがしきりに流れている。ジャニーズ事務所社長、ジャニー喜多川氏が亡くなったことにより、事務所内が混乱していることが原因になっているという。

ジャニーズの人気3グループが、いずれも活動休止ともなれば、〝ジャニーズ帝国〟もいよいよ崩壊ということになりかねない。芸能記者が、そんな大変革の〝その後〟を予想した。

400万人のファンクラブ会員の受け皿は…


記者A「ジャニーズに取って代わるのは、やはりEXILEグループだと思いますね。かつて社長のHIROさんがジャニーさんに三顧の礼を尽くし、『EXILEはアイドルではなくパフォーマーという肩書にする』ということで、音楽番組での共演NGという圧力から逃れることに成功したといわれています。ウワサされている状況が現実となれば、『いよいよ立場を逆転する日が来た』と息巻く関係者がいても不思議じゃないでしょう」

記者B「EXILEグループで今一番の若手は、平均年齢19歳の『BALLISTIC BOYZ』ですが、これからもっともっと若いグループを作っていく方針と聞いています。事務所のオーディションの年齢の下限は小学校4年生ですが、場合によっては、これも撤廃するでしょう」

記者A「何と言っても、2020年末に放り出される格好になる280万人ともいわれる『嵐』のファンクラブ会員の〝受け皿〟になり得ますからね。もし『TOKIO』と『関ジャニ』も活動休止になったら、およそ400万人ものファンたちが次の〝推しグループ〟を探すことになるわけですから」

記者B「ジャニーズの人気3グループがファンクラブ解散となった場合、そのファンが次に追い掛けるのは、ジャニーズの他のグループなのか、K-POPグループなのか、それともEXILEグループなのか…」

記者A「このチャンスをHIROさんが逃すはずがないというのが、大方の見立てです。HIROさんもメジャーデビュー前の若手を『ジュニア』と呼ぶようになってますし、プロデューサーとして、ずっと見本としてきたジャニーさんを乗り越えていく気は満々だと思いますよ」

果たして来年、芸能界の男性グループの勢力図はどう変わっていくのだろうか。注目したい。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ