「危険なスタントを見て!」 高所から飛び降りたユーチューバーが死亡

しらべぇ

2019/8/10 09:00

(kodda/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
勝手に工場に侵入し、煙突をよじ登って地上へ向けジャンプ…。華々しいスタントで視聴者を驚かせようとしたユーチューバーの最期は、あまりにも悲惨だった。

■命知らずのユーチューバー


先日のこと、あるスペイン人ユーチューバー(29)が仲間を伴いセメント工場に侵入。煙突をよじ登り、「パラシュートをつけて地上に向けて飛ぶ」というスタントの撮影を試みた。


関連記事:動画アップ経験者はわずか…「ユーチューバーはキッズ向け」が原因か

■約46メートルの高さからジャンプ!


「危険なスタントシーンを撮影してYouTubeにアップしたい」という一心だったと見られる男性は煙突の上から勢いをつけ飛び降りたが、途中で開くはずだったパラシュートは開かず、男性はそのまま地上に落下。

激しく地面に叩きつけられた男性の様子に驚いた友人がすぐに通報し救助を要請するも、すでに心肺停止状態だったという。この死亡事故につき、海外メディアは「即死だった」と報じている。

■当局が捜査を開始


このふたりがどうやってセメント工場に侵入し煙突をよじ登ったのか。そしてなぜパラシュートは開かなかったのか。

それについては警察が捜査を進めているが、今のところ「工場の敷地にはフェンスを飛び越え無断で侵入した」という事実しかつかめていないという。

工場経営者は「全て警察にお任せする」と発表しているが、工場敷地が若者の死亡事故現場になり、経営者も酷く困惑しているに違いない。

■ユーチューバーは楽をして稼いでいる?


様々な動画をアップし、人気を博しているユーチューバーも確かに多い。

ちなみにしらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,732名を対象に調査を実施したところ、「ユーチューバーは楽に稼いでいるように見える」と答えた人は全体で25.9%だった。



しかし視聴者を増やすため、ユーチューバーの多くは必死なのだ。

この男性も人気者になりたい一心でムチャをした結果このようなことになり、「命を無駄にした」「こんなことをする価値はあったのか」という声もあがっている。

・合わせて読みたい→人気ユーチューバー・マホト逮捕で乾杯動画 盛大な便乗も「ド正論」「目が潤んでる」

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ