マツコ、ヴィジュアル系バンドのマネジャーだった女性ダンサーに困惑「どう突っ込んだらいいかわからない」

テレビドガッチ

2019/8/10 08:00

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。8月10日の放送は、六本木のショークラブ「バーレスク東京」と中継を結ぶ。

女性ダンサーによるショーが楽しめるとあって、いま大人気の「バーレスク東京」。毎月、オーディションが行われており、100名を超える応募に対し、採用されるのは多くても2~3人で、場合によっては採用者ゼロの月もあるという。

そんな狭き門をくぐり抜けたダンサーたちに話を聞いていくことに。前職がヴィジュアル系バンドのマネジャーという女性には、マツコも「どう突っ込んだらいいかわからない……」と困惑。それでも「バーレスク東京」に入ったきっかけを聞いていくと、意外な事実が飛び出した。

バンドのマネジャー時代は、熱心なファンの女の子達に睨まれないよう極力地味な格好をして、ネイルもできない、美容院にも行けない、ヒールも履けないという生活を続けていたという彼女。そんな飾り気のない毎日に、「このままじゃ女として枯れる……」と思い、心機一転、華やかな「バーレスク東京」のダンサーに応募したという。

他にも、クレープ屋さんや美容師、バスガイドや老舗和菓子屋さんなど様々な前職を持つダンサーたちが登場。「バーレスク東京」のダンサーは、その半数以上が転職者なのだとか。

しかし、その中の一人が、「バーレスク東京」で働いていることをまだ両親に打ち明けられていないと告白。マツコは、「ご両親はね、ちゃんと元気で元気でが子供が楽しいって言っている仕事をやってくれる方がいいのよ」「子供が胸張って生きているだけでいいから、ちゃんと働いていることを言った方がいいわよ」とアドバイスを送りつつ、「私も女装している事とか、そういう余計な事を親には1回も自分から言っていない……」と彼女の境遇に共感していた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ