車内に置き去りの犬「痙攣起こし危険な状態」も、窓を割られた飼い主が逆ギレ(米)

「ほんの少しの間だから、大丈夫だろう」「窓を開けておいたから、危険な状態になることはないだろう」―そんな気持ちで暑い車内に犬を置き去りにしたのだろうか。米コロラド州在住の飼い主の男が、動物虐待の罪で警察に逮捕された。こともあろうにこの男、愛犬の容態を心配するどころか、愛車の窓を割った警察官らに逆ギレしたという。

コロラド州デンバー郊外レイクサイドで今月6日の午後3時15分頃、大手スーパー・ウォルマートの駐車場で「車内に犬が置き去りにされている」という通報が地元警察署に寄せられた。

すぐさまデイブ・コロノウスキー警察官(Dave Kornowski)ら2人とジェファーソン郡アニマル・コントロールの職員が現場に駆けつけ、車内で苦しそうにしている犬‟ペドロ”の救出にあたった。車の窓は少しだけ開いていたが、救助隊は窓を割り、後部座席の下に腹を上にして横たわるペドロを助け出すと、ホイート・リッジ動物メディカルセンターに搬送した。ペドロは非常に危険な状態で痙攣を起こし、脳の機能障害など後遺症が残る可能性もあったため、集中治療室でケアが続けられた。

一方、ペドロの飼い主アーロン・マーロー(Aaron Marlow)だが、車に戻ってくると窓が割られていることに逆ギレして喚き散らし、警察官の目を盗んで素早く車に乗り込むと逃走した。しかし警察から逃れられるはずもなく、駐車場の反対側のガソリンスタンドであっけなく逮捕された。アーロンは車による逃走罪と動物虐待罪で起訴されているが、無罪を主張しているという。

コロノウスキー警察官は「1週間に2、3回は車の中に犬が置き去りにされているとの通報がありますが、ペドロはこれまでで最悪のケースと言えるほど酷い状態でした」と語り、憤慨した様子でこう続けた。

「暑い車の中でペドロは吠えることもできず、目が見開き、呼吸も荒く、舌を出した状態で苦しんでいました。口が乾ききってパニックに陥っており、見ているのがつらいほどでした。このあたりは標高が高いので、車内はそれほど暑くはならないだろうと勘違いしている人が多いようですが、とんでもない誤解です。」

この日の午後、レイクサイドの気温は32度まで上昇しており、車内は51度に達していたとみられている。『FOX31 Denver』によると、ペドロは翌日にはヤマを越え危険な状態を脱したということだ。

ちなみに2018年6月には、イギリスの女性獣医が車に閉じこもり、「暑い車内にペットを置き去りにするのがどれだけ危険であるか」という実験をしている。獣医は30分で汗だくになり、「犬は人間のようには汗をかくことができないし、なにより体毛で覆われています。車内に放置されることがペットにとっていかに苦しいものであるかがわかるでしょう」と注意喚起していた。

画像は『Metro 2019年8月7日付「Moment convulsing dog was found brain-damaged after being left in hot car in blistering heat」(Pictures: KDVR)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ