電動キックボードシェアリングサービス「Lime」、日本進出へ KDDIのファンドが出資

Traicy

2019/8/9 19:09

LimeKDDI Open Innovation Fund IIIは、電動キックボードのシェアリングサービス「Lime」の運営、専用車両の開発・生産を行うNeutron Holdingsに対して出資した。

Neutron Holdingsはアメリカ・サンフランシスコに本社を構え、アメリカをはじめとする5大陸、25か国、100都市以上で、「Lime」を展開している。提供台数は約7000万台に及ぶ。

「Lime」と、同様に電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「Bird」は、9月に福岡市で実証実験を行う計画で、Neutron Holdingsはすでに投資を行っているデジタルガレージとKDDIとともに、日本市場への参入を目指す。

KDDI Open Innovation Fund IIIは、KDDIとグローバル・ブレインが運用する投資ファンド。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ