南原・有吉、1年ぶりの2人ロケで滝菜月アナを称賛 「水トの呪縛から逃れた」

しらべぇ

2019/8/9 19:15

(画像は日テレ公式@宣伝部 Twitterのスクリーンショット)
夏休みSP企画を放送中の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)。9日放送回では、昨年も好評だった司会のウッチャンナンチャン・南原清隆と金曜日レギュラーの有吉弘行による2人ロケが帰ってきた。

前回同様、日本テレビ・滝菜月アナもロケに同行。水卜麻美アナのあとを引き継ぎ同番組のアシスタントとなって間もなかった前回とは異なり、ロケを楽しげに進行する姿を披露している。

◼1年ぶりの2人ロケ


2018年8月17日に放送された『おじさん2人旅』では、普段交流のない番組レギュラーがオススメするスポットを巡り、レギュラー陣の絆を深めてきた。
(画像は滝菜月アナ 公式Instagramのスクリーンショット)
水卜アナの後任だった滝アナは、アシスタントを務めてまだ1年足らずで番組に馴染めていない状況。「部外者」と感じている有吉からは、かなり厳しい発言や注意が飛び、それに滝アナも上手く返せなかったため、「パワハラ」と心配する声も目立っていた。

それから約1年、番組に馴染みレギュラー陣との息もあうようになり、番組になくてはならない存在となった滝アナが2度目の2人旅に華を添える。

関連記事:『ヒルナンデス』水卜アナの後任・滝菜月アナ 主婦層も納得の実力

◼ウニ蕎麦が食べたい滝アナ


今回はタイトルを『ナンチャン・アリチャン2人旅』に一新し、南原と有吉のやりたいことを叶えるロケを敢行。滝アナも同行し、進行をしながらも自分を出してロケを楽しんでいく。

2人の好物でもある蕎麦店を訪れたさいには、お店のオススメだった3,600円の「ウニ蕎麦」を頼まなかった2人に、「プライベートだと頼みづらい」と必死に食い下がる。その様子から南原らに、自分が食べたかったことを見抜かれながらも、その場のノリでウニ蕎麦を注文、舌鼓を打った。

◼プロレスラーモノマネを実況


南原お気に入りのヘッドスパでは、何も喋らない2人に頼まれ実況に挑戦。有吉の丸顔や南原の頬骨をイジりながら、見事な実況を披露していく。

南原のプロレスラーモノマネに困惑しつつも有吉の助言を受け、「その姿はまるで新崎人生」「南原さんの表情、これはまさに永田裕志!」と力強く叫んだ。

終盤、BBQで盛り上がる一同。南原のギターに合わせて滝アナも即興でピアノの弾き語りで参加するなど、2人とともに、自然体でロケを楽しんでいた。

◼ロケを満喫した滝アナに視聴者は?


良い意味で前回のような緊張感はなく、ロケを楽しみながら進行をそつなくこなした滝アナ。有吉も「2年やってリラックスしてる。前任の水卜の呪縛から逃げて、いい感じになった」と評した。

そんな彼女の姿に視聴者からも称賛が殺到している。











◼「イジメ」の声も…


概ね好評だったが、一部からは、有吉らの持ち味でもある厳しいツッコミやイジりに対して前回同様に「滝ちゃんに冷たい」「イジメに見える」「老害」といった批判もあった。

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女の男女1,342名を対象に調査したところ、6割以上が「イジリといいながらイジメだと思うことがある」と回答している。



前回は2人のイジりで押し黙る場面も多かったが、今回の滝アナはイジられても笑い飛ばす力強さがあった。イジりとイジメの違いを滝アナは理解していたはずだ。

◼番組終了後にツイッター更新


番組終了後、滝アナは自身のツイッターを更新。



ロケ内でオススメの漫画を紹介しあう場面で、2人から勧められた週刊少年チャンピオンのギャグ漫画『あっぱれ! 浦安鉄筋家族』(秋田書店)に触れ、さらなる躍進を誓っていた。

時間を共有し、アナウンサーとしても『ヒルナンデス』ファミリーとしても成長していた滝アナ。同番組での今後の活躍にますます期待したい。

・合わせて読みたい→マツコ・有吉、「久保田アナをいじめてる」と言われ… 「何も言えねぇ」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ