超人気スカートはコレ!一世風靡の“トレンチ風スカート”…2019年は卒業を!

 

モテモテだったあの頃の、あの服……。いわゆる“全盛期のド定番キメ服”、2019年の今じゃ、もう時代遅れなんです!そんな、もう死んでしまったファッションをプロが華麗にチェンジ!!

流行りを抑えた今ドキアイテムの選び方を伝授しちゃいます。

しかもプチプラ価格ですよ~!

某マンガにちなんで、★7つでアイテムをチェックしました!

(執筆/スタイリスト 森田文菜 イラスト/チャン・モリモト

 

今回のアイテム「トレンチ風スカート」

 

突如彗星のごとく現れたトレンドボトムス、トレンチ風スカート。文字通りトレンチコートのような見た目であることからこの名前となったアイテム。フレア、タイト、ミニにミモレ丈と長さも様々で、ほんの少し前まで普通に店頭で見かけてたよ!と思う人も多いかもしれません。

あれこれコーデを考える手間なく、履くだけでなんとなく今っぽく、なんとなくかわいい雰囲気になりますし、結構ヘビロテしてた!という人もいるかもしれません……!

 

 

 

デザイン性の高いアイテムには必ず終わりが来るという現実

パッと見た目にも華やかで、一目でトレンドだ!とわかるようなトレンチ風スカート。

ですがこのすぐにトレンドだ!とわかるような派手なデザイン性を備えるアイテムには実は注意が必要。一世を風靡する反面、旬が終わるとそれ以降履いていると目につき、時代遅れ的な印象を周りにあたえがちなんです。

というわけで、失礼ながら……、毎度おなじみ……、

 

 

 

 

 

 

 

 

「そのトレンチ風スカートはもうすでに死んでいる。」

 

 

 

「あるな、持ってるな、そして履いてるな……。」(焦りが募りまくる編集部員)

 

 

 

 

デザインが凝っているトレンドのファッションアイテムはいわば一発芸人さんと同じ。

注目されている時はどこに行ってもウケますが、その芸に人々が飽きてくると見向きもされなくなってしまう……というような運命をたどることがしばしば。

旬である時期を見極め、お店でも街でも着ている人が少なくなってきたなと思ったら潔く着ないという判断が必要。ゆえにデザイン性が高いアイテムにはいつか終わりが来ると買う前に覚悟することも大切。

いずれ来るべき終わりの時に備えて、そのようなトレンドアイテムはプチプラで購入するのも賢い選択です!

 

 

トレンドでもあり、長く着られるスカートの選び方

さて!トレンチ風スカートに変えて今、着ていても時代遅れと言われないスカートの特徴をご紹介します!

 

・ハイウエスト
・ストンと落ちるタイトめ~台形シルエット
・ひざ下~くるぶしまでの丈

 

 

まずハイウエストは今のボトムスのマスト事項。

さらにピチピチ過ぎず、広がり過ぎないサイジングも重要なポイント。下半身のシルエットがダイレクトに出ないものを選ぶと失敗する確率が低くなります。

また丈は短過ぎなければOK。
ひざ下丈ならオンオフ幅広く対応でき、くるぶしくらいのロング丈なら大人なこなれたスカートスタイルに。

余計な装飾などがない、シンプルな見た目のものを選ぶことで長く着用することができるでしょう。

 

 

セールで発見!理想的なシルエットのZARAスカート

 

 

今トレンドの条件を満たし、シンプルだけどコーデに華やかさをプラスしてくれるスカートをZARAのセールで発見しました!

ZARA
チェック柄ペンシルスカート
¥1,590税込

※購入時の価格です

 

高見え度:★★★★★★★
今っぽ度:★★★★★★☆
着まわし度:★★☆☆☆☆☆

※★の数が多いほど、評価が高い

 

 

シルエットはタイトすぎず、下半身を包み込むように沿うので着やせ効果バツグン!さらにハイウエストで脚長効果も!

足の細い部分が見える絶妙な丈でヒールでもフラット靴でもスニーカーでもどんなシューズにも合わせやすいのもポイントです。

シンプルなデザインながら色合わせが大人なチェック柄でコーデのポイントになってくれること間違いなし!今の季節はもちろん、秋冬も着用することができるのも優秀。

何よりセール価格なのでいつもは選ばない色や柄に挑戦してみるのも正解です!

 

 

合わせるトップスはウエストインもアウトもOK!

 

 

ハイウエストのスカートはウエストインしなければならない……と思っている人が多いかと思います。
確かにウエストインすれば脚長効果が遺憾無く発揮され、スタイルアップ効果も◎!
シンプルなトップス合わせで様になるコーデを完成させることができます。

 

 

しかし、こちらはトップスをウエストインせずに着てもOK。
Iラインシルエットのスカートはそれだけでスッキリ感があるので長めのトップスをあえてウエストインせずに着こなしても大丈夫。
むしろ今っぽく見せることができます。ゆとりがある、サイドスリット入りのトップスならさらにスッキリ効果アップ!

また秋冬はゆったりニットやスウェット合わせもかわいくオススメです!

 

シンプルで主張しないデザインだけどカラーや柄にトレンド要素を入れて魅せるのが今っぽいスカートの特徴。

パンツに比べてトレンドの移り変わりが早いアイテムでもあるので定期的にクローゼットを見直してみてくださいね!

 

 

 

 

WRITER

  • 森田文菜
  •        

  • タレントのメディア出演時、雑誌等レディース・メンズ問わずスタイリングを行うスタイリスト。またwebサイトを中心とするファッションライターとしても活動。テレビ・ラジオ等での解説出演もあり。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ