サメに噛まれたサーファーが、病院に行かずにバーで「噛まれた自慢」をする

TABILABO

2019/8/9 19:00


7月27日に公開されたフロリダ州ジャクソンビルのテレビ局「WJXT」のWEB版の記事によれば、プロサーファーFrank O’Rourkeさんがシャークアタックにあったようだ。でも、特に大きな怪我はなかった様子。

その証拠として、彼はサメにひじを噛まれた後に病院ではなくバーに行って、その噛まれた跡を見せながら自慢をしていたとのこと。彼の友人は「WJXT」に、「1~2針は縫う必要があったと思う」と語っているが……。

いわゆる横乗り系の人だと考えると、やりそうなことではある。とはいえ、改めて聞くとちょっと驚きだ。

そして、バーに居合わせた人たちは彼にお酒を奢り、みんなでお祝いをしたという。





この投稿を
Instagramで見る


Wow what a weekend 🦈😂 I’m thankful to come away with minor injuries from a shark that bit me Saturday! Thank you @juvolkweis and @surfmama12 for being there by my side and @insta_puente @rjbooger @pierregulator all right there to help, I appreciate all of you and everyone else with their kind words and love! ❤️

Frank O'Rourkeさん(@frankooo_)がシェアした投稿 -


Reference: Shark bites elbow of Jacksonville Beach professional surfer / WJXT

Top image: (C) 2019 TABI LABO

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ