強烈キャラが勢ぞろい『108~海馬五郎の復讐と冒険~』ポスター&場面写真解禁

 「大人計画」を主宰する松尾スズキが初めて監督・脚本・主演の全てを務めるR18映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』より、強烈なキャラクターが勢ぞろいしたポスタービジュアルと場面写真が解禁された。

【写真】松尾スズキを振り回す愛妻、愛人、元嫁、高級娼婦…『108~海馬五郎の復讐と冒険~』フォトギャラリー

本作は、主宰する「大人計画」と「松尾スズキ」としての活動が2018年に30周年を迎えた松尾自身の監督・脚本・主演で贈る新作映画。松尾のほか、中山美穂、岩井秀人、秋山菜津子、坂井真紀、堀田真由、大東駿介、土居志央梨、LiLiCo、栗原類が出演し、それぞれ“強烈で個性豊かな”役柄に挑む。

主人公は、名脚本家として成功している海馬五郎(松尾)。海馬はある日、元女優の妻・綾子(中山)の浮気をSNSの投稿によって知ってしまう。あまりのショックに離婚を考えるが、離婚時の財産分与で資産の半分を支払わなければならないことを知り大激怒。海馬は妻の“不貞”に支払わなくてはならない資産1000万を、自らの“不貞”で使い切るという復讐を決意する。

海馬は綾子がSNSに投稿した写真についた108もの“いいね!”の数だけ女を抱くという計画を立てるが、そのタイムリミットはたった1ヵ月。あらゆる手を使って財産を減らしていくが、108人への道のりは果てしなく長い。追い込まれた海馬は、やがて想像をはるかに超える「ある方法」で目標をクリアしようとするのだが…。

ポスタービジュアルは、愛する妻の浮気投稿を見てあまりのショックに顔を歪め座り込んでしまった海馬を中心に、個性豊かなキャラクターたちが周りを囲んでいるもの。その顔触れは、腕に浮気相手の名入りタトゥーを刻んだ妻・綾子(中山)、財産分与について入れ知恵をする海馬の友人・糸井(岩井)、海馬の訳ありの旧友・砂山(秋山)、復讐計画に手を貸すド派手なホスト・聖矢(大東)、120分15万円の高級娼婦・あずさ(土居)、海馬の無茶苦茶な行動にあきれる妹・マリ(坂井)、口が悪すぎる海馬の元嫁・エイドリアン(LiLiCo)と全くなじめない息子・道夫(栗原)、綾子の浮気写真をリークする女優・美月(堀田)、計画実行中の海馬にコラムの締切を迫るマネージャー・堀切(宍戸美和公)。

そんな強烈なキャラクターたちに囲まれた海馬の横には「『いいね!』が憎い…」というキャッチコピーが添えられており、大波乱の物語を予感させるものとなっている。

場面写真は、海馬にスマホ画面を見せられ問い詰められている妻・綾子のほか、なぜか骨壺を持って疾走する海馬など、そぜそうなったのか思わず突っ込んでしまいたくなる場面が写し出されている。

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』は10月25日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ