三池崇史監督最新作『初恋』全米先行公開決定! 海外版予告&ビジュアル公開

 俳優の窪田正孝が主演を務め、第72回カンヌ国際映画祭の「監督週間」に選出された、三池崇史監督最新作『初恋』が、日本公開に先立ち、9月27日より全米で先行公開されることが決定。インターナショナル予告編とビジュアルが到着した。

【写真】窪田正孝主演、染谷将太&ベッキーら共演『初恋』出演者フォトギャラリー

本作は、たぐいまれな才能を持つプロボクサー・葛城レオ(窪田)が、負けるはずのない相手との試合でKO負けを喫したことから人生の歯車が一気に狂い、アンダーグラウンドの世界で巻き起こる人生で最高に濃密な一晩を描く、完全オリジナルのラブストーリー。

今年5月に開催された第72回カンヌ国際映画祭で「監督週間」に選出されると、現地で行われた2度の上映はいずれも超満員。30以上の映画祭から招待を受けている中、このたび全米の初日が9月27日に決定。実写邦画としては大規模な100館程度での上映を予定している。

異例の全米先行公開について三池監督は「いや、驚きました。日本に先駆けて全米で公開とは……」と驚きを隠せない様子。「アメリカの観客にとって『初恋』は、『ダンボ』とか『アラジン』とかと同じに見えるのだろうか?。ま、確かに歌舞伎町の『ライオン・キング』と言えなくもないかな。ま、腹を括って、日本の[恋愛映画]がどこまで通用するか見てみましょう」とコメントを寄せている。

解禁されたインターナショナル予告編(全米版)は、スローで和風のBGMをバックに、窪田扮するボクサーがダウンを奪われるシーンからスタート。だが、後半では一転して激しい音楽と激しい場面が次々と展開され、ラストでは窪田が「ただのボクサー」と口にし、まっすぐに拳銃を構える姿が。映画の全貌が気になる内容となっている。

また本作は、9月5日から開催の北米最大の映画祭、第44回トロント国際映画祭のミッドナイト・マッドネス部門に出品されることも決まった。

映画『初恋』は2020年2月より日本公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ